編集画面と機能について

2023/01/18

QRTコード編集画面では、言語ごとに編集やカスタマイズが可能です。
ここでは、編集画面のメイン機能について簡単にご紹介します。
詳しい機能情報は、各ページをご覧下さい。

QRTコード編集画面

文章編集画面のキャプチャ

1. 編集したい言語の選択

▼を押し、編集したい言語を選択することができます。
他の言語のページに移動したい際は、▼をクリックし、進んで下さい。

2. 言語コンテンツの表示設定

言語毎に制作しているページを一般に公開するか否か(表示/非表示)の設定が可能です。
初期設定では表示になっておりますが、言語追加等で作業中の言語ページがある際には、一時的にコンテンツを非表示にしておくことが出来ます。

3. 自動翻訳(機械翻訳)表示設定

この設定をオンにすると、「このコンテンツは機械翻訳によって作成されています。」という説明が表示されます。
※原文のQRTコード編集画面には表示されません。

4. コンテンツの音声読み上げ設定

ページ内テキストを自動で音声読み上げする機能です。
チェックを入れると、音声読み上げ機能が有効になります。オンオフも自由に設定可能です。

ご利用の際は以下の点にご注意下さい。

  • アクティベートされていることが条件です。
  • 独自ファイルをアップロードすることも可能です。(上位プラン)

5. マップの表示

マップを表示させたい場合は、チェックを入れると位置情報の表示が可能です。マップの位置情報を登録する場合は住所を直接入力するか、赤いピンをドラッグして指定の場所に移動して下さい。
※切り替えは全言語に反映されます。

6. 情報を公開する

チェックのオン・オフで公開・非公開の切り替えができます。
※切り替えは全言語に反映されます。

7. SNSシェアボタンを表示する

作成したコードの下部分にSNSを通じてシェアする機能をご希望の場合は、チェックを入れると、作成したコードの下部分にSNSシェアボタンを表示できます。
※切り替えは全言語に反映されます。

8. コード利用者の位置情報を取得する

アクセスデータの取得をご希望の場合は、チェックを入れるとユーザーの位置情報の取得が可能です。
位置情報の取得を許可したコード利用者の読み取り位置の情報を取得するかしないかを切り替えできます。
※ベーシックプランは対象外(マーケティングプラン以上)
※切り替えは全言語に反映されます。

9. この言語の削除

選択すると、入力していた内容が完全に削除されます。
複数の言語を削除する場合には、各言語ごとに作業を行う必要があります。
※原文で利用している言語は削除できません。原文の言語を変更する場合は、QRTコードの新規発行を行ってください。

10. 保存せずに翻訳設定へ進む

表示している言語の編集内容を保存せず、最後に保存した内容で翻訳を実行する場合は、こちらをクリックします。

11. 保存

表示している言語の編集した内容を保存します。

12. 保存して翻訳へ

表示している言語の編集した内容を保存し、翻訳ページへ移動します。

 - マニュアル

  関連記事

アクティベート期間の更新方法

QRTコードのアクティベート期間の更新方法をご紹介します。 このページの目次1 更新の手順1.1 更新するコードの選択1.2 単一コードの場合1.3 複数コードの場合1.4 【参考】アクティベート更新 ・・・ 続きを読む

IPアドレス認証

これまでログインの際の認証方法はパスワード認証のみでしたが、IPアドレス認証を加えた二段階認証がオプションとして利用可能になりました。 このページの目次1 IPアドレス認証の設定1.1 IPアドレス認 ・・・ 続きを読む

埋め込みメディアの編集や挿入

※動画の挿入を前提とした、上位プランのみの機能です。ベーシックプランの場合は、「リンクの挿入や編集」機能を活用し、外部リンクによる動画公開が可能です。 ※本機能はYouTubeなど、別サービス・別サー ・・・ 続きを読む

文字段組み設定

このページの目次1 リスト表示2 字下げの増減3 水平線4 右から左へ読む言語 リスト表示 箇条書きの際の丸いドット付き、番号付きのリスト表示をする際に使う機能です。 ここでは、日本語~韓国語をドット ・・・ 続きを読む

関連リンク

このページの目次1 関連リンクとは2 関連リンクの設定手順3 関連リンクの編集・削除4 注意事項 関連リンクとは 関連リンク機能は、任意のQRTコードに対して、指定したQRTコードを関連リンクとして表 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し