アクティベート期間の更新方法

2017/10/26

QRTコードのアクティベート期間の更新方法をご紹介します。

更新の手順

※QRTコードの更新作業は、アクティベートと同様に複数コードを一括で更新することも可能です。

更新するコードの選択

「管理・作成・編集」画面に行くと、アクティベート欄にアクティベート状況が表示されます。

アクティベート期間を延長したいQRTコードの 延長する ボタンをクリックしてください。

アクティベート(実際に課金して利用されている)されているコードには「アクティベートの期限年月日 / 延長する」と表示されています。一方、まだアクティベートされてないコードには「未完了 / アクティベートする」と表示されています。

アクティベートする に関しては、QRTコードのアクティベートをご確認下さい。

単一コードの場合

延長する ボタンをクリックすると「QRTコードアクティブ期間延長」画面が表示され、選択した内容が表示されるので間違いがなければ 支払確認へ をクリックします。

「お支払い確認」画面が表示されるので、 クレジットカードで支払う または PayPalで支払う を選択し、決済を完了してください。

それぞれの支払い方法は、お支払方法のページをご確認ください。

複数コードの場合

「QRTコードアクティブ期間延長」画面で 複数選択 をクリックすると、

複数のQRTコードをまとめてアクティベート期間の更新をすることができます。

アクティベート期間の更新をしたいコードのチェックボックスにチェックを入れて、 確認画面へ をクリックしてください。

「QRTコードアクティブ期間延長」画面に戻るので、選択内容に間違いがなければ 支払確認へ をクリックしてください。

【参考】アクティベート更新のタイミング

※上記画像にあるように、利用期限の違うQRTコードを選択しても、それぞれ1年ずつ自動的に延長できます。
例えば、2017年12月31日がアクティベート期限の場合、12月1日に1年間の延長を更新作業をしても期限は2018年12月31日になります。

「お支払い確認」画面が表示されるので、 クレジットカードで支払う または PayPalで支払う を選択し、決済を完了してください。

【参考情報】支払方法について

「請求書支払」を設定しているアカウントは 支払確認へ ボタンの代わりに アクティベート ボタンが表示されます。

 - マニュアル

  関連記事

位置情報

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。 位置情報の編集 アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。 位 ・・・ 続きを読む

文字段組み設定

このページの目次1 リスト表示2 字下げの増減3 水平線4 右から左へ読む言語 リスト表示 箇条書きの際の丸いドット付き、番号付きのリスト表示をする際に使う機能です。 ここでは、日本語~韓国語をドット ・・・ 続きを読む

QR Translatorで、クレジットカード決済が可能になりました。

QRTコードをアクティベートする際に(支払処理を行う際に)、クレジットカード決済が可能になりました。 今までは、Paypalのみ受け付けておりましたが、【PAY.JP】のサービスを利用することで、「V ・・・ 続きを読む

リンクの設定手順

ここではQRTコード内からリンクの設定方法をご紹介します。 このページの目次1 リンクの挿入2 リンクの解除3 QRTページのリンク4 リンク設定の注意事項 リンクの挿入 ①まず、リンクを配置したい文 ・・・ 続きを読む

設定可能なアクション

各ボタンをクリックすることで設定が開始されます。 SNSボタン 位置情報 複製(コピー) リダイレクトの設定 関連リンク

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し