表示・非表示の切り替え

2017/10/17

QR Translatorのコードは言語ページ毎に表示・非表示を設定する事ができます。(※初期値は「表示」です。)
翻訳言語を追加し、コード全体の体裁や画像の編集・修正作業中には有効な機能です。

ここでは、英語を選択し、表示を「しない」に設定します。画面下部の「保存」ボタンをクリックして、変更内容を確定します。

保存されると、上部に「・保存しました。」と表示され、英語の言語識別マークが青囲みの透明体裁で表示されます。

管理画面に戻ると、編集した該当コードの翻訳言語の欄でも、非表示設定にしている英語の言語識別マークのみが透明体裁で表示されているのが確認できます。

非表示設定した言語は、プレビュー画面の言語選択画面でも表示されず、選択できない状態になります。

 - マニュアル

  関連記事

支払記録

上部の「支払記録」ボタンをクリックすると、該当アカウントでの支払い状況を確認することができます。 月毎の支払件数と支払合計金額(税別・税込)、及び年間の支払合計金額(税抜・税込)が表示されます。また、 ・・・ 続きを読む

進行管理

このページでは、QRTコード編集時の保存やプレビューなど、制作の進行管理に利用する機能を説明します。 このページの目次1 保存2 全画面2.1 通常表示2.2 全画面表示3 元に戻す、やり直す3.1 ・・・ 続きを読む

アンカーの設定手順

ここではQRTコード内でのアンカー(ページ内リンク)の設定方法をご紹介します。 アンカーの挿入 ①まず、リンクを飛ばしたい先の文字をドラッグ選択します。今回は「1. 株式会社PIJINとは」を指定して ・・・ 続きを読む

位置情報

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。 位置情報の編集 アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。 位 ・・・ 続きを読む

埋め込みメディアの編集や挿入

※動画の挿入を前提とした、上位プランのみの機能です。ベーシックプランの場合は、「リンクの挿入や編集」機能を活用し、外部リンクによる動画公開が可能です。 ※本機能はYouTubeなど、別サービス・別サー ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し