【事例紹介 009】ヘイセイ あご入り鰹ふりだし ―海外輸出用商品パッケージにQRコードをつけて商品情報やおすすめレシピを多言語発信―

御社の事業について教えてください

主たる業種は建設業です。2008年に食品分野へ参入いたしました。

あご入り鰹ふりだし30袋入

主力商品「あご入り鰹ふりだし」の魅力を教えてください

地元、鳥取県東伯郡琴浦町の産品、琴浦町の町魚「飛魚(あご)」を使用している商品です。 琴浦町は鳥取県のほぼ中央に位置しており、南部は秀峰大山から連なる山地に囲まれ、北は日本海に面している自然豊かな町です。
「あご入り鰹ふりだし」の特徴は、料亭御用達の本枯れ鰹節と荒節をベースに、コクがあり濃厚な味わいの枯れ鯖節、濃厚で澄んだだしが取れる利尻昆布、風味豊かで香り高い香信椎茸、そこに琴浦町の飛魚(あご)節が加わり、旨味の上品さをさらに引き立てる点です。魔法のように簡単にプロ級のだしが作り出せます。常温保存、賞味期限が長い、消耗品(リピート商品)という点もあり、消費者の皆様にとって扱いやすい商品でもあります。

あごが獲れる赤碕港

あご入り鰹ふりだしベース

どの地域に輸出していますか?また、輸出の取り組みについて教えてください

香港(イオン香港)、韓国に輸出しています。
2019香港FOODEXPOジャパンパビリオンのイベント会場では、「あご入り鰹ふりだし」がプロの料理人による調理デモの紹介食材に選ばれました。

QR Translatorを知ったきっかけを教えてください

山陰合同銀行さんよりご紹介いただきました。

どのような課題に対してQR Translatorの導入を決めましたか?

海外での商談会や販売に行っても、言葉が通じません。通訳を通じて話すと時間がかかってしまいます。バイヤーやお客様に商品説明をする際に、うまくいかないことを解決するために導入を決めました。
なお、コンテンツの内容は、「商品情報」「上手なだしの取り方」「おすすめレシピ」です。

あご入り鰹ふりだし小袋

あご入り鰹ふりだし

おすすめレシピ写真

どのようにQR Translatorを活用していますか?

海外での店頭販売用では、商品にQRコードを貼り付けたり、商談会では商品説明シートに印刷したりしています。

海外輸出用商品パッケージ


ステッカー

QR Translatorのどんな機能が魅力的だと感じましたか?

増やしたい言語を選択できる点です。

海外輸出用商品パッケージでの利用を開始し2年が経過しましたが、お客様/関係者の反応はいかがですか?

日本のパッケージのまま売り込みたい、でも説明が日本語なので説明ができないという難点がありましたが、QR Translatorの導入により解決できていると好評です。

ヘイセイ×QR Translatorまとめ

利用開始時期

海外輸出用商品パッケージへの利用開始2019年4月~
その前に2017年から商品紹介リーフレットで利用

株式会社ヘイセイ 公式Webサイト

http://www.agodashi.com

PIJINのInstagramでヘイセイのあご入り鰹ふりだし紹介

あご入り鰹ふりだしの魅力を2投稿に分けて紹介しています。ぜひご覧ください。
①あご入り鰹ふりだし ②実際のQRTご利用画面

FacebookTwitterも随時更新中! フォロー、いいね宜しくお願いします。

QR Translatorにご興味を持ってくださった皆さまへ
お問合せフォームにご利用イメージをご記載いただきましたら、参考資料をお送りいたします。

問合せしてみる

まずはお気軽にお問い合わせください。

 - QRTの最新ニュース, 事例・実例・活用