音声読み上げの設定と独自ファイルの入稿

2020/02/12

コード内のテキストを機械が音声読み上げする機能です。

音声読み上げの設定方法

音声読み上げの「する」「しない」を選択し、下部の「保存」をクリックします。 ※アクティベート済みであることが条件です。 ※対応言語に制限があります。(利用できない言語は「する」が表示されません) ※右側の▶マークをクリックすると、音声を聞く事が出来ます。

独自音声ファイルの入稿

上位プランでは読み上げ再生させたい独自ファイルをアップルードすることも可能です。 独自ファイルを選択すると、「音声ファイルアップロード」画面がポップアップで表示されます。「ファイルを選択」をクリックし、対象ファイルを選択し、「開く」をクリックします。「アップロード」ボタンをクリックすると、音声データがアップロードされるので、画面下部の「保存」をクリックして編集を完了します。

実際の表示

音声読み上げの設定をすると、QRTコードの言語選択部分の下に専用のボタン等が表示されます。 表示の仕方は各ブラウザの仕様によって変わります。 左から「PC:Google Chrome」「PC:FireFOX」「iPhone:safari」「iPhone:Google Chrome」

音声読み上げ対応言語

2020年2月12日現在、QR Translatorは39言語に対応していますが、自動音声読み上げに対応している言語は下記の通りです。 (英語、日本語、中国語簡体字、韓国語、中国語繁体字、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、インドネシア語、マレー語、ヒンディー語、アラビア語、ヘブライ語、トルコ語、ギリシャ語、ルーマニア語、ウクライナ語、ハンガリー語、チェコ語、ポーランド語、フィンランド語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、オランダ語:計31言語)

 - マニュアル

  関連記事

埋め込みメディアの編集や挿入

※動画の挿入を前提とした、上位プランのみの機能です。ベーシックプランの場合は、「リンクの挿入や編集」機能を活用し、外部リンクによる動画公開が可能です。 ※本機能はYouTubeなど、別サービス・別サー ・・・ 続きを読む

文字段組み設定

このページの目次1 リスト表示2 字下げの増減3 水平線4 右から左へ読む言語 リスト表示 箇条書きの際の丸いドット付き、番号付きのリスト表示をする際に使う機能です。 ここでは、日本語~韓国語をドット ・・・ 続きを読む

文章編集画面のキャプチャ
文章編集画面の構成と機能

文章編集画面では、言語毎にカスタマイズが可能です。 ここでは、文章編集画面のメイン機能について簡単にご紹介します。詳しい機能情報は、各ページをご覧下さい。 このページの目次1 文章編集画面1.1 ①言 ・・・ 続きを読む

リダイレクトサムネイル
リダイレクトの設定

発行・印刷済みのQRTコードを変更することなく、別のQRTページへ転送できる(リダイレクト)機能です。 月・季節ごとのコンテンツ切り替えや全面改定時などに便利です。また、リダイレクト機能をうまく活用す ・・・ 続きを読む

2段階翻訳の方法

このページの目次1 2段階翻訳とは2 2段階翻訳の利用方法2.1 2段階翻訳の手順2.2 2段階翻訳結果を確認する方法2.3 【HINT】2.4 【注意】「再翻訳」を行うと元データは削除される 2段階 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し