文字書式の設定

2017/10/16

このページでは、QRTコード内に表示する内容の文字書式を編集する方法をご説明します。

太字、斜体、下線、取り消し線

太文字や斜体、下線にしたい部分をドラッグ選択したまま、希望のボタンをクリックすると、選択した文字が装飾されます。取り消し線を選択した場合は、該当部分の文字に横線が入ります。

ここでは、「株式会社PIJIN」をドラッグ選択、「QRコード」を太文字、「多言語コンテンツ」を下線、「QR Translator」を斜体、そして「看板や」を取り消し線に設定しています。

文章全体の寄せ型(左寄せ・中央寄せ・右寄せ)

QRTコード内に表示する内容全体を左・中央・右寄せにすることができます。

ここでは、全体を中央寄せに設定しています。

書式、フォント・タイプ、フォントの大きさ

文字の書式やフォント・タイプ、フォントの大きさを変えたい部分をドラッグ選択したまま、希望のボタンをクリックして下さい。

ここでは、「株式会社PIJIN」の文字のみ、フォントの大きさを「14pt」にして通常の「13pt」より大きく表示しています。

文字の色、背景の色

文字の色や背景の色を変えたい部分をドラッグ選択したまま、希望のボタンをクリックして下さい。

ここでは、「株式会社PIJIN」の文字を赤色にし、「QR Translator」の背景を黄色に設定しています。

下付き文字、上付き文字

補足する際の※マーク等を記載したい際に使う機能です。

ここでは、「QR Translator」の後の「※1」を上付き文字に設定しています。通常の文字フォントよりも小さく、また通常の位置よりも高い部分に表記されます。一方、下付き文字は通常よりも低い位置に表記されます。



より見やすく効果的な内容になるよう、色々な装飾機能を使ってみて下さい!

 - マニュアル

  関連記事

設定可能なアクション

各ボタンをクリックすることで設定が開始されます。 SNSボタン 位置情報 複製(コピー) リダイレクトの設定 関連リンク

削除

このページの目次1 コードの削除方法2 削除に関するQ&A2.1 Q1. 1〜10までコードを作っていて、No.3を削除した後に、新しいコードを作成したらNo.はいくつ?2.2 Q2. 削除 ・・・ 続きを読む

エディタ画面の構成

QR Translatorの「管理・作成・編集」画面では、9つの機能がご利用可能です。 このページの目次1 9つの機能1.1 1.進行管理1.2 2.文字書式1.3 3.文字段組1.4 4.表の挿入編 ・・・ 続きを読む

言語の削除方法

QR Translatorは、39言語の中から15言語を選択して利用することができますが、一旦選択した言語を削除して別の言語に入れ替えることも可能です。 選択した言語の削除は、各QRTコードごとに、管 ・・・ 続きを読む

文字段組み設定

このページの目次1 リスト表示2 字下げの増減3 水平線4 右から左へ読む言語 リスト表示 箇条書きの際の丸いドット付き、番号付きのリスト表示をする際に使う機能です。 ここでは、日本語~韓国語をドット ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し