文字書式の設定

2017/10/16

このページでは、QRTコード内に表示する内容の文字書式を編集する方法をご説明します。

太字、斜体、下線、取り消し線

太文字や斜体、下線にしたい部分をドラッグ選択したまま、希望のボタンをクリックすると、選択した文字が装飾されます。取り消し線を選択した場合は、該当部分の文字に横線が入ります。

ここでは、「株式会社PIJIN」をドラッグ選択、「QRコード」を太文字、「多言語コンテンツ」を下線、「QR Translator」を斜体、そして「看板や」を取り消し線に設定しています。

文章全体の寄せ型(左寄せ・中央寄せ・右寄せ)

QRTコード内に表示する内容全体を左・中央・右寄せにすることができます。

ここでは、全体を中央寄せに設定しています。

書式、フォント・タイプ、フォントの大きさ

文字の書式やフォント・タイプ、フォントの大きさを変えたい部分をドラッグ選択したまま、希望のボタンをクリックして下さい。

ここでは、「株式会社PIJIN」の文字のみ、フォントの大きさを「14pt」にして通常の「13pt」より大きく表示しています。

文字の色、背景の色

文字の色や背景の色を変えたい部分をドラッグ選択したまま、希望のボタンをクリックして下さい。

ここでは、「株式会社PIJIN」の文字を赤色にし、「QR Translator」の背景を黄色に設定しています。

下付き文字、上付き文字

補足する際の※マーク等を記載したい際に使う機能です。

ここでは、「QR Translator」の後の「※1」を上付き文字に設定しています。通常の文字フォントよりも小さく、また通常の位置よりも高い部分に表記されます。一方、下付き文字は通常よりも低い位置に表記されます。



より見やすく効果的な内容になるよう、色々な装飾機能を使ってみて下さい!

 - マニュアル

  関連記事

QR Translatorで、クレジットカード決済が可能になりました。

QRTコードをアクティベートする際に(支払処理を行う際に)、クレジットカード決済が可能になりました。 今までは、Paypalのみ受け付けておりましたが、【PAY.JP】のサービスを利用することで、「V ・・・ 続きを読む

2段階翻訳の方法

このページの目次1 2段階翻訳とは2 2段階翻訳の利用方法2.1 2段階翻訳の手順2.2 2段階翻訳結果を確認する方法2.3 【HINT】2.4 【注意】「再翻訳」を行うと元データは削除される 2段階 ・・・ 続きを読む

埋め込みメディアの編集や挿入

※動画の挿入を前提とした、上位プランのみの機能です。ベーシックプランの場合は、「リンクの挿入や編集」機能を活用し、外部リンクによる動画公開が可能です。 ※本機能はYouTubeなど、別サービス・別サー ・・・ 続きを読む

「管理・作成・編集」画面の構成

QR Translator管理画面にサインインすると、「管理・作成・編集」画面に遷移します。 新規作成・編集・支払管理などQRTranslatorのサービスを管理するメイン画面です。 このページの目次 ・・・ 続きを読む

SNS

このページの目次1 SNSの切替方法2 SNSの種類2.1 タイプ1:Twitter、Facebook、Linkedin2.2 タイプ2:Twitter、Facebook、Linkedin、LINE2 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し