欧米からの訪日客が注目する、日本酒や酒蔵ツアー

2018/01/24

2017年は欧米からの来日客も過去最高を記録

日本政府観光局(JNTO)によると、2017年の訪日客数は過去最高の2869万人を達しました。欧米からの訪日客はアジアに比べるとまだまだ少ないですが、2017年は過去最高を記録しました。

欧米人が注目する「日本酒」

観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、日本滞在中、アジアからの訪日客は買い物に費やす消費額が多い一方、欧米からの訪日客は飲食の消費が多い傾向があります。


日本食の中では、寿司やラーメン、お酒の人気が高く、滞在中に日本酒を飲んだことがある人は8割を超え、6割が酒蔵を訪ねていました。酒蔵を魅力的な観光資源だととらえる人が多く、酒蔵を目的に日本を再訪したいと思うなど、再訪意欲のキッカケにも一役買っていることが分かります。和食だけでなく、日本酒への関心が高いことがよく分かりますね。

酒蔵ツアーの多言語化

欧米人の参加意欲が強い酒蔵ツアーでは、多言語での対応が求められます。外国人やバイリンガルのスタッフがいれば最適ですが、各酒造会社で人材を確保するのは難しいのが現状です。

QR TranslatorはQRコードを使った多言語表示サービスで、パンフレットや酒蔵内の案内パネル等にQRTコードを貼り付けておくだけで多言語対応が可能になります。外国人観光客がそのQRTコードをスキャンすると、自動的にスマホの言語を識別し、適した言語で内容を表示します。人材確保の問題が解消されるだけでなく、多言語パンフレットを用意・印刷する必要もない為、コスト削減にも繋がります。

東京都福生市の石川酒造様ではQR Translatorを付けたガイドマップをご利用頂いておりますので、下記記事もご参照ください。

日本酒ラベルの多言語化

近年は世界的な和食ブームも広がり、海外で開催されるお酒のコンテストや展示会への参加、日本酒の輸出に力を入れている酒造会社も増えてきています。

日本酒の瓶ラベルが多言語で表示されていれば、外国人の方も日本酒の種類や中身について知ることができますが、スペースが限られていたり、デザインを考えると多言語化が難しい場合が多いと思います。

そんな時にもQR Translatoであれば、小さなスペースで多言語対応することが可能です。日本酒の海外輸出も行っている長野県諏訪市の宮坂醸造様では日本酒ラベルにQR Translatorを採用頂いております。今後海外展開を検討している方はぜひ下記記事もご参照ください。

 - お役立ち情報

  関連記事

商店街でのインバウンド対策

このページの目次1 商店街に来店する訪日外国人数の増加2 訪日外国人の傾向3 言葉の壁対策が必須4 QR Transatorで多言語対応 商店街に来店する訪日外国人数の増加 日本経済新聞によると、大阪 ・・・ 続きを読む

インバウンド レンタカー 多言語
訪日外国人のレンタカー使用増加に伴い、死傷事故も増加

2018年5月2日の産経新聞によると、近年のインバウンド(訪日外国人客)増加に伴い、外国人のレンタカー事故が急増しているそうです。 このページの目次1 外国人のレンタカー使用者は3年で2倍に増加2 イ ・・・ 続きを読む

日本酒蔵ツーリズム

日本酒蔵ツーリズム推進協議会 国内外問わず、日本酒人気が広まる今日、日本酒と酒蔵の更なる認知度向上や訪日外国人向けの酒蔵エリアの観光振興が注目されています。 「日本酒蔵ツーリズム推進協議会」は、観光庁 ・・・ 続きを読む

多言語Webサイトを制作する時の「翻訳・制作・アクセス方法・費用」

2017年の訪日客数は過去最高の2869万人となり、2020年の東京オリンピックまでにはもっともっと訪日外国人が増えていくと思われます。 そんな中ですが、観光庁の調査によると外国人が日本に来た時に企業 ・・・ 続きを読む

訪日観光客向けのインバウンド対応は、スマートフォンアプリよりもwebブラウザの方が重要になってきている!?

QR Translatorを運用している中で、「webブラウザ」と「スマートフォンアプリ」どちらがいいのかという問題が常にあります。基本的には目的に合わせて利用しますが、訪日外国人観光客の利便性を考え ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し