過去最高の訪日客数!2017年は2869万人を達成

2018/01/24

2017年の訪日客数は過去最高の2869万人

日本政府観光局(JNTO)によると、2017年の訪日客数は前年比19.3%増の2869万人に達しました。日本政府は2020年には訪日客数4000万人を目指している為、残り2年間の訪日客数の伸び率だけでなく、各地のインバウンド対応方法も注目されています。

国別の訪日客数

中国、韓国、台湾、香港などをはじめとしたアジアからの訪日客が好調で、中国と韓国は初めて年計で700万人を超えました。欧米やオーストラリアからの訪日客も順調に伸びており、過去最高を記録しています。また、伸び率トップはロシアの40.8%増、次いで韓国の40.3%増、そしてベトナムの32.1%と続きます。

旅行消費額も過去最高

2017年の旅行消費額も過去最高値を更新し、前年比17.8%増で4兆4161億円になりました。

訪日外国人旅行者1人当たりの旅行支出を国籍・地域別にみると、中国が最も多く、約23万円。次いでオーストラリアの22万6千円、イギリスの21万5千円です。

費用別にみると、買物代(5万7千円)が最も高く、次いで宿泊料金(4万3千円)、飲食費(3万1千円)と続きます。

買物代の消費額

買い物代は中国が圧倒的に高く、次いで、ベトナム、ロシアと続きます。

宿泊代の消費額

宿泊料金はイギリス、オーストラリア、フランス、イタリア、ドイツ等の欧米豪の国々が上位を占めています。

飲食代の消費額

飲食費はイギリス、オーストラリア、スペイン、フランス、イタリアと、こちらも宿泊料金同様に欧米豪が多い傾向が見られます。

 - お役立ち情報

  関連記事

インバウンド レンタカー 多言語
訪日外国人のレンタカー使用増加に伴い、死傷事故も増加

2018年5月2日の産経新聞によると、近年のインバウンド(訪日外国人客)増加に伴い、外国人のレンタカー事故が急増しているそうです。 このページの目次1 外国人のレンタカー使用者は3年で2倍に増加2 イ ・・・ 続きを読む

欧米からの訪日客が注目する、日本酒や酒蔵ツアー

このページの目次1 2017年は欧米からの来日客も過去最高を記録2 欧米人が注目する「日本酒」3 酒蔵ツアーの多言語化4 日本酒ラベルの多言語化 2017年は欧米からの来日客も過去最高を記録 日本政府 ・・・ 続きを読む

中国語の簡体字と繁体字の違いは何ですか?

このページの目次1 中国語の種類2 主な使用地域3 表記・表現の違い 中国語の種類 日本人にとって漢字は普段見慣れている為、中国語の文章もなんとなく理解できることがありますよね。 漢字は古代中国から日 ・・・ 続きを読む

多言語化
訪日客が日本滞在中に困ったこと

このページの目次1 日本のインバウンド環境1.1 訪日外国人が困ったことのアンケート結果2 インバウンド環境の変化2.1 公共交通機関の整備2.2 無料Wi-Fiの整備2.3 多言語対応の重要性3 Q ・・・ 続きを読む

商店街でのインバウンド対策

このページの目次1 商店街に来店する訪日外国人数の増加2 訪日外国人の傾向3 言葉の壁対策が必須4 QR Transatorで多言語対応 商店街に来店する訪日外国人数の増加 日本経済新聞によると、大阪 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し