リンクの設定手順

2017/10/20

ここではQRTコード内からリンクの設定方法をご紹介します。

リンクの挿入

①まず、リンクを配置したい文字をドラッグ選択します。今回は「株式会社PIJIN」を指定しています。

②鎖マークの「リンクの挿入や編集」をクリックします。

③「リンクの挿入/編集」のポップアップが表示されます。

④「リンクのURL」部分にリンク先のURLを入力します。

⑤「ターゲット」ではリンク先の開き方を選択します。

  • 「このウィンドウ/フレームで開く」:リンク先のwebページをQRTコードと同じウィンドウ内で表示します。
  • 「新しいウィンドウで開く」:リンク先のwebページをQRTコードと別のウィンドウを新しく開いて表示します。

⑥必要があれば「タイトル」を入力します。(入力した文字は、パソコンでコンテンツを見た時に、リンクの上にマウスを置くと吹き出し[ツールチップ]が表示されます)

⑦「挿入」をクリックすると、リンクが設定されます。

リンクの解除

①リンクを解除する場合は、リンクの貼ってある文字をドラッグ選択します。

②鎖の外れたマークの「リンクを解除」をクリックします。

QRTページのリンク

QRTページ同士をリンクで繋げる事も可能です。

リンク先のプレビュー画面からURLをコピーします。プレビュー画面のURLにはアクセスカウントを取得しないという仕様上、末尾に「/test:1」が設定されています。入稿時は「/test:1」を削除して入力して下さい。

リンク設定の注意事項

上記の方法でリンクを設置する場合は、各言語ごとにリンクの設定をする必要があります。

例えば、全言語作成後、日本語のページのみリンクを設定しても他の言語には反映されません。他の言語に反映したい場合は、全てのコードをそれぞれ編集するか、2段階翻訳をする必要があります。2段階翻訳をすれば、自動的に原文のリンク情報も翻訳先の言語に反映することができますので、ぜひご活用下さい。

 - マニュアル

  関連記事

文字書式の設定

このページでは、QRTコード内に表示する内容の文字書式を編集する方法をご説明します。 このページの目次1 太字、斜体、下線、取り消し線2 文章全体の寄せ型(左寄せ・中央寄せ・右寄せ)3 書式、フォント ・・・ 続きを読む

マニュアルトップ
QR Translator 入稿・編集マニュアル一覧【目次】

QR Translator 入稿・編集マニュアルの目次です。本マニュアルではQR Translator の使い方を説明します。 資料ダウンロードページからは、マニュアルのダウンロードも可能ですので、こ ・・・ 続きを読む

位置情報

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。 位置情報の編集 アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。 位 ・・・ 続きを読む

表示・非表示の切り替え

QR Translatorのコードは言語ページ毎に表示・非表示を設定する事ができます。(※初期値は「表示」です。) 翻訳言語を追加し、コード全体の体裁や画像の編集・修正作業中には有効な機能です。 ここ ・・・ 続きを読む

エディタ画面の構成

QR Translatorの「管理・作成・編集」画面では、9つの機能がご利用可能です。 このページの目次1 9つの機能1.1 1.進行管理1.2 2.文字書式1.3 3.文字段組1.4 4.表の挿入編 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し