削除

2017/10/13

コードの削除方法

選択したQRTコードを削除する機能です。

※不要になったコードを削除する際にご利用頂けますが、テキストデータ、翻訳データ、画像データ、アップロードした音声データなど、全てのデータが消えてしまうので、削除する際にはご注意下さい。


削除ボタンをクリックするとポップアップが表示されるので、確認のうえ「OK」ボタンをクリックしてコードを削除して下さい。

削除に関するQ&A

Q1. 1〜10までコードを作っていて、No.3を削除した後に、新しいコードを作成したらNo.はいくつ?

A1. 削除されたコードはそのまま空白となり、次のコード番号が振られます。この場合、新しいコード番号はNo.11です。

Q2. 削除したコードにアクセスすると、どんな画面が表示されますか?

A2. 「Not Found」の表示が出て、内容は見られません。

Not Found

※データ削除後は復旧が出来ないので、くれぐれもご注意下さい!!

 - マニュアル

  関連記事

進行管理

このページでは、QRTコード編集時の保存やプレビューなど、制作の進行管理に利用する機能を説明します。 このページの目次1 保存2 全画面2.1 通常表示2.2 全画面表示3 元に戻す、やり直す3.1 ・・・ 続きを読む

画像の管理

ここでは「画像の管理」ボタンをご紹介します。 「画像の管理」は、複数画像のアップロード、アップロードした画像の切り抜き・大きさの変更・回転などができます。 このページの目次1 「画像の管理」ボタン1. ・・・ 続きを読む

画像の挿入や編集

ここでは「画像の挿入や編集」ボタンをご紹介します。 ※「画像の挿入・編集」は、表示される画像の挿入設定・大きさ・配置の変更(編集)ができます。一方、右側にある「+」が付いた「画像の管理」は、複数画像の ・・・ 続きを読む

リダイレクトサムネイル
リダイレクトの設定

発行・印刷済みのQRTコードを変更することなく、別のQRTページへ転送できる(リダイレクト)機能です。 月・季節ごとのコンテンツ切り替えや全面改定時などに便利です。また、リダイレクト機能をうまく活用す ・・・ 続きを読む

位置情報

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。 位置情報の編集 アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。 位 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し