アンカーの設定手順

2017/10/23

ここではQRTコード内でのアンカー(ページ内リンク)の設定方法をご紹介します。

アンカーの挿入

①まず、リンクを飛ばしたい先の文字をドラッグ選択します。今回は「1. 株式会社PIJINとは」を指定しています。

②錨マークの「アンカーの挿入/編集」をクリックします。


③ポップアップが表示されるので「アンカーの名前」を入力します。

※アンカーの名前は【半角英字(先頭は必ず英字)+ 数字】の組み合わせにして下さい。他の文字を入力すると、エラーが発生し、アンカーの設定が出来ません。 入力例「A01」「A02」のように、【A(アンカーの略)+ 01(数字)】の組み合わせで設定しておくと、管理しやすいのでオススメです。

④「挿入」ボタンをクリックすると、アンカー先の設定が完了します。

⑤アンカー先の設定が出来ると、リンク先の前に錨型のアイコンが表示されます。


アンカーリンクの設定

⑥次に、リンクを飛ばす元の文字をドラッグ選択します。

⑦今度は、鎖マークの「リンクの挿入や編集」をクリックします。


⑧「リンクの挿入や編集」のポップアップが表示されたら、アンカーで先程設定した名前を選択します。
今回は「A01」です。

⑨アンカー名を選択したら、「挿入」ボタンをクリックし、完了です。

アンカーを設定すると、上記の事例のように、目次から一気に指定の項目内容まで飛ぶことができるので、とても便利な機能です。項目数が多い時にはぜひご活用下さい。

 - マニュアル

  関連記事

位置情報

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。 位置情報の編集 アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。 位 ・・・ 続きを読む

画像の管理

ここでは「画像の管理」ボタンをご紹介します。 「画像の管理」は、複数画像のアップロード、アップロードした画像の切り抜き・大きさの変更・回転などができます。 このページの目次1 「画像の管理」ボタン1. ・・・ 続きを読む

文章編集画面のキャプチャ
文章編集画面の構成と機能

文章編集画面では、言語毎にカスタマイズが可能です。 ここでは、文章編集画面のメイン機能について簡単にご紹介します。詳しい機能情報は、各ページをご覧下さい。 このページの目次1 文章編集画面1.1 ①言 ・・・ 続きを読む

言語の削除方法

QR Translatorは、39言語の中から15言語を選択して利用することができますが、一旦選択した言語を削除して別の言語に入れ替えることも可能です。 選択した言語の削除は、各QRTコードごとに、管 ・・・ 続きを読む

表示・非表示の切り替え

QR Translatorのコードは言語ページ毎に表示・非表示を設定する事ができます。(※初期値は「表示」です。) 翻訳言語を追加し、コード全体の体裁や画像の編集・修正作業中には有効な機能です。 ここ ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し