位置情報

2017/04/25

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。

位置情報の編集

アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。

位置情報を登録する場合は「位置情報を登録する」を選択し、登録しない場合は「位置情報を登録しない」を選択して下さい。登録する際は、住所を直接入力するか、赤い目印(ピン)をドラッグして、指定の場所に移動して下さい。

位置情報の表示

登録した位置情報をQRTコードに表示する場合は「読取り画面にマップを表示させる」にチェックを入れると、QRTコードの一番下(SNSボタン表示の上)にGoogleマップが自動的に挿入されます。

位置情報は登録しておき、QRTコードにマップを表示したくない場合は「読取り画面にマップを表示させる」のチェックを外します。

この場合QRTコードにGoogleマップは表示されません。

複数のQRTコードを管理する際に、どこに設置したか把握するために位置情報を登録し、表示されるQRTコード内ではGoogleマップを表示したくない場合は、この方法で対応することが可能です。

 - マニュアル

  関連記事

言語の削除方法

QR Translatorは、39言語の中から15言語を選択して利用することができますが、一旦選択した言語を削除して別の言語に入れ替えることも可能です。 選択した言語の削除は、各QRTコードごとに、管 ・・・ 続きを読む

支払記録

上部の「支払記録」ボタンをクリックすると、該当アカウントでの支払い状況を確認することができます。 月毎の支払件数と支払合計金額(税別・税込)、及び年間の支払合計金額(税抜・税込)が表示されます。また、 ・・・ 続きを読む

新規アカウントの作成方法

QR Translatorを利用するには、ユーザーアカウントの作成が必要になります。下記に従って、アカウントを作成してください。 準備するもの 登録用のメールアドレス

リダイレクトサムネイル
リダイレクトの設定

発行・印刷済みのQRTコードを変更することなく、別のQRTページへ転送できる(リダイレクト)機能です。 月・季節ごとのコンテンツ切り替えや全面改定時などに便利です。また、リダイレクト機能をうまく活用す ・・・ 続きを読む

音声読み上げの設定と独自ファイルの入稿

コード内のテキストを機械が音声読み上げする機能です。 このページの目次1 音声読み上げの設定方法2 独自音声ファイルの入稿3 実際の表示4 音声読み上げ対応言語 音声読み上げの設定方法 音声読み上げの ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し