【放映】外国人対応の避難訓練内容がテレビ神奈川で放映

2017/11/17

消防庁主催の避難訓練

総務省消防庁では、災害発生時に訪日外国人や障がい者に対して災害情報の伝達や避難誘導を行う為の避難訓練を日本全国で実施し、訓練結果をもとにガイドラインの作成を予定しております。

弊社では消防庁からの委託業務により、避難訓練の運営を担当しており、今迄に旅館や競技場、駅での訓練を実施してきました。

11月15日(水)にはJR川崎駅周辺で避難訓練が行われ、その様子が、テレビ神奈川のニュースに「オリパラ見据え外国人参加の災害訓練 川崎」として取り上げられました。

 - 掲載

  関連記事

no image
【掲載】2018年3月21日、旬刊 旅行新聞に掲載

2018年3月21日に発行された旬刊 旅行新聞のトップページにてQR Translatorが掲載されました。 ICTインフラを整える 点をつなぎ、面をつくる試み 基盤整備コストを最小限に ハードレス、 ・・・ 続きを読む

no image
1個のQRコードから多言語の動画が見られるサービス、鹿児島市で本格的な運用開始。スマートフォンなどでスキャンすると端末の使用言語を自動的に認識 (2020年6月22日配信)

「KX鹿児島体験ムービー」として2020年3月より市内の3つの施設、いおワールドかごしま水族館、平川動物公園、観光オブジェ「時標(ときしるべ)」で運用しています。新型コロナウイルスの影響で休業中だった施設も再開され、これから本格的に多くの人に利用していただく予定です。
続きを読む

no image
【掲載】2017年10月9日、日本経済新聞に掲載

2017年10月9日、日本経済新聞の全国版(朝刊)新興・中小企業面に、QR Translatorが取り上げられました。 QR Translatorでは、災害時に自治体が発信する避難所の開設情報等をスマ ・・・ 続きを読む

no image
【掲載】2016年12月13日、日本経済新聞に掲載

日本経済新聞の東京版・首都圏経済面に、QRコードを使った多言語対応サービスとしてQR Translatorが取り上げられました。

no image
【掲載】毎日新聞英語版に掲載

ITを利用した外国人旅行者の言語バリアフリー化の取組みとして毎日新聞英語版のニュースでQR Translatorが紹介されました。

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し