トライアル(無料お試し)からアクティベート(実際に課金して利用)する方法

2017/06/08

トライアル(無料お試し)の場合は、背景部分に透かしが入っていますが、透かしを消すには、実際にコードをアクティベート※する必要があります。

トライアル(無料お試し)で作成されたコードも、アクティベート※することでご利用いただくことが可能となっておりますので、新しく本番用のコードを作成する必要はありません。

ここでは、アクティベートの方法について説明します。
(※アクティベート:課金され、コードが使用できる状態です)

アクティベートする「QRTコード」を一覧から探す

管理画面にログインし「QRTコード一覧」からアクティベートするQRTコードを探し、そのコードのアクティベート欄「未完了」をクリックします。



QRTコードアクティベート

「アクティベート」をクリックすると、請求画面に移ります。

「アクティベート」は、1年単位で選択することが可能となっておりますので、ご希望のご利用期間に合わせて選択して下さい。

「支払確認」ボタンをクリックすると、選択内容の確認画面が表示されます。

間違いなければ「お支払い」ボタンをクリックして下さい

PayPalでのお支払

お支払い画面は、過去に利用したことがあるかないかで表示内容が少し変わります。

Paypalを利用したことがない場合

別タブでPayPalの支払画面が表示されます。一番上に「QR Translator」の運営会社である「株式会社PIJIN」が表示され、1コードのアクティベート費用(税込6,480円)も表示されます。

PayPalのアカウントをお持ちの場合は、ログインして決済を行って下さい。またPayPalのアカウントをお持ちでない場合でもカード情報と請求先住所を入力することで、クレジットカードでお支払が可能です。

今後もPayPalをご利用したい場合は、「Paypalアカウントの作成」を入力することでアカウントの作成もできるそうです。

必須項目を入力して「続行」をクリックして、お支払を完了して下さい。

Paypalを利用したことがある場合

過去にPaypalを利用したことがある場合は、QR Translatorの管理画面で緑色の「お支払い」ボタンをクリックするとログイン画面が表示される場合があります。

履歴があるとメールアドレスは自動的に入力されているので、Paypalにログインした後に、お支払い手続きを完了して下さい。

QRTコードのアクティベート完了

決済が完了すると「QRTコード一覧」で「未完了」と表示されていた部分が、アクティベートした期限日を表示します。

また透かし部分の「Not Activated」も消えます。

 - 使い方や利用方法

  関連記事

宿泊施設でのインバウンド対策・災害対策

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、宿泊施設の客室数が話題になっておりましたが、同様にインバウンド対策や災害対策の必要性も話題となっております。 2018年は6月に、大阪 ・・・ 続きを読む

表の編集方法(罫線の非表示)

ここでは、「表の挿入」で表を作成した際に表示される灰色の罫線を消す(非表示にする)方法をご紹介します。 通常は、下画像のように灰色の罫線が表示されてしまいますが、ご紹介する手順を行うと罫線無しにするこ ・・・ 続きを読む

QRTコードがSVGファイルに対応しました

QR Translatorの管理画面からダウンロード(発行)できる「QRTコード(QR TranslatorのロゴとQRコードが一体になったデータ)」がSVGファイルに対応しました。 このページの目次 ・・・ 続きを読む

多言語Webサイトを制作する時の「翻訳・制作・アクセス方法・費用」

2017年の訪日客数は過去最高の2869万人となり、2020年の東京オリンピックまでにはもっともっと訪日外国人が増えていくと思われます。 そんな中ですが、観光庁の調査によると外国人が日本に来た時に企業 ・・・ 続きを読む

音声読み上げ機能

QR Translatorで利用できる言語の内、20言語に音声読み上げ機能が付いています。 外国人だけでなく、日本人ユーザー向けにも便利な機能ですので、美術館や観光施設などで音声ガイドとしてのご利用や ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し