スマホの専用アプリ無しで、QRコードを読み取る方法

2017/08/17

詳細はこちら

【期間限定】無料トライアル・キャンペーン実施中!

2018年4月1日〜4月30日の期間中に新規アカウント登録 + QRTコード作成をすると、多言語表示サービス「QR Translator」を 2週間【無料】で使えます!

スマートフォンでQRコード*を読み取る為に、今迄は専用アプリをダウンロードしてインストールする方法が多かったですが、QRコードの普及に合わせて専用のアプリでなくても(既に使っているアプリでも)QRコードの読み込みができるようになってきました。

また、最近ではブラウザアプリでもQRコードを読み取れるようになってきており、更にiOS11では標準カメラ・アプリで読み取りが可能になるそうです。なりました。

[2017/9/20追記]
iOS11で標準カメラ・アプリでQRコードの読み取りが可能になりました!
QRコード読み取り(スキャン)が iOS 11の標準カメラで可能になりました! [iPhone,iPad]

* 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

そもそもQRコードとは?

QRコードとは、1994年にデンソーウェーブが開発した日本発信の技術です!

QRコードの”QR”は、”Quick Response”(クイックレスポンス)に由来しています。
素早い読み取りを目指して開発された事から、このように命名しています。
正式名称は”QRコード”であり、決して”Quick Responseコード”の略ではありません。

出典: QRコードの”QR”は何の略ですか? -DENSO WAVE INCORPORATED.

上記の説明のように、QRコードとは、素早い読み取りを目的とした二次元コードのことを指します。QRコードよりも普段目にするのは「バーコード」ですが、バーコードは数字をメインにした情報です。一方、QRコードはより多くの情報量を入力でき「漢字・カナ・ひらがな・記号」なども利用することが出来ます。

QRコードの見た目

QR TranslatorもQRコードを利用しています(下図の赤枠内がQRコード部分です)。

QRコードのサンプル

QRコードは、上下左右どの方向からも読み取りができます。更に、コードの一部が汚れていたり、破損していたりしたとしても、コードが正しく認識されるように指示する復元機能が含まれている為、多少コードに不備があっても読み取ることが可能だそうです。(※破損程度やコードの大きさによっては読み取れないこともあります。)

誤り訂正機能について

QRコードはコードが汚れていたり、破損していても、コード自身でデータを復元する機能を持っています。「誤り訂正能力」は4段階用意されており、ユーザが使用環境に合わせてレベルを選択する事ができます。このレベルを上げれば、誤り訂正能力は向上しますが、データが増えるため、コードのサイズは大きくなります。
どのレベルを選択するかは、ご使用になる環境、コードサイズ等で総合的に考慮して判断します。

出典: 誤り訂正機能について -DENSO WAVE INCORPORATED.

今迄の専用アプリを使ったQRコードの読み込み

iPhoneやAndroidのスマートフォンで、「QRコード」とアプリを検索すると様々なQRコードリーダーが表示されます。

機能や精度は様々ですが、メイン機能はQRコードを読み込むことなので、その他に使える機能は少ないです。
その為、わざわざアプリをダウンロードして使うことは少ないかもしれません。

もしアプリをダウンロードして利用するのであれば、 「QRコード」を開発した株式会社デンソーウェーブさんが公開している「公式QRコードリーダー」がおすすめです。 QRコードの読み取り精度も高く、読み込んだページの履歴をタイトルと併せて時系列順に見ることが出来るので、過去に読み取ったQRコードを確認する時にとても便利です。

QRコードリーダーが付加されたアプリ

ここからが本題ですが、最近増えてきているのがメイン機能とは別に付加されたQRコードリーダーです。

Twitterアプリ

Twitterでは、アカウントの交換用にQRコードを利用していますが、交換以外の目的でQRコードを読み込むことも可能です。

アプリを開いて左上の「アカウント」をタップします。

プロフィールや設定などが表示されますが、開かれた部分の右下にある四角いQRコードのマークをタップすると、

自分のアカウント情報をQRコードで表示します。
この画面の右下に撮影のマークがあるのでタップすると

撮影する画面に変わります。

読取りをしたいQRコードを枠内に入れると

「外部URLを開く」と表示されるので「OK」を選択すると、表示されたURLに繋がります。

QRコードをスキャンする画面は、Twitterのアイコンを強めに押す(3Dタッチの機能:iphone6から利用できる)と「QRコードをスキャン」と表示されるので、ここからも簡単に利用することが出来ます。

LINEアプリ

LINEアプリでも、QRコードの読み込みが可能です。Twitter同様にアカウントの交換に利用されています。

「友だち追加」を選択すると上部に「QRコード」が表示されます。

タップすると読み取り画面になるので読取りたいQRコードを撮影すると、

読取り結果が表示されます。

「開く」をタップするとコンテンツが表示されます

Google ChromeのiPhoneアプリ

直近だと、iPhoneの「Google Chromeのウェブブラウザアプリ」にQRコードリーダーが追加されました。(2017年2月)

Google Chromeのアイコンを強めに押す(3Dタッチの機能:iphone6から利用できる)と「QRコードをスキャンします」と表示されます。

「QRコードをスキャンします」をクリックするとカメラの画面になるので

他のアプリと同様にQRコードを枠内に入れると、自動的に読み込まれてQRコードの中身が表示されます。

アドレスバーの中に自動的に入力されるので右下の「開く」をタップするとコンテンツが表示されます。

Google Chromeのウェブブラウザアプリは、ウェブブラウザがメイン機能ですが、QRコードが簡単に読み込めるように変わりました!
因みに、QRコードだけではなく、バーコード(JANコード)も読み込むことが出来ます。読み込むと、バーコードの数字をGoogle内で検索します。

Firefoxのアプリ

Google Chromeと同様にウェブブラウザアプリでは「Firefox」でもQRコードが読み込めます。

「Firefox」を開いて真ん中下にあるアイコンをタップすると

「QRコードを読み込む」というのが表示されるので選択すると

読み込み画面が表示されます。QRコードを読み込むと

読み込んだ内容が表示されます。

スマホの専用アプリ無しで、QRコードを読み取る方法 のまとめ

わざわざQRコードを読み取るだけの目的で専用アプリをダウンロード・インストールしなくても、通常使っているアプリでもQRコードを読み込むこと出来ました。

iPhoneのiOS11では、標準のカメラアプリにQRコードの読み取り機能が加わるようなので、公開されたら追記します。しました!(※iOS11の公開は2017年秋にリリース予定)

[2017/9/20追記]
iOS11で標準カメラ・アプリでQRコードの読み取りが可能になりました!
QRコード読み取り(スキャン)が iOS 11の標準カメラで可能になりました! [iPhone,iPad]

 - お役立ち情報

詳細はこちら

【期間限定】無料トライアル・キャンペーン実施中!

2018年4月1日〜2018年4月30日の期間中に新規アカウントを登録しQRTコードを作成すると、多言語表示サービス「QR Translator」を14日間【無料】で使えます!

  関連記事

交通機関の決済 タクシー
交通機関の支払方法がICカードからQRコードへ

このページの目次1 交通機関の決済方法2 ICカード導入による負担3 中国ではQRコード決済が普及3.1 QRコード決済によるメリット4 日本のタクシー業界で広がるスマホ決済4.1 QRコード決済の使 ・・・ 続きを読む

多岐にわたる外国人観光客の訪日目的

年々増加している訪日外国人数ですが、最近の訪日目的は何だと思いますか?? このページの目次1 国内旅行 VS 海外旅行2 訪日目的3 おもてなし方法4 QR Translatorで多言語対応 国内旅行 ・・・ 続きを読む

no image
補助金を活用して多言語化

国土交通省の補助金制度 現在、国土交通省が募集している補助金制度についてご案内します。 ******************** 国土交通省 観光庁(2017年7月31日まで募集): 「宿泊施設のイン ・・・ 続きを読む

欧米からの訪日客が注目する、日本酒や酒蔵ツアー

このページの目次1 2017年は欧米からの来日客も過去最高を記録2 欧米人が注目する「日本酒」3 酒蔵ツアーの多言語化4 日本酒ラベルの多言語化 2017年は欧米からの来日客も過去最高を記録 日本政府 ・・・ 続きを読む

no image
QRコード決済サービスが中国で爆発的に普及!QRコードを利用した支払い(決済)の使い方や日本での状況も調査しました。

昨今、スマートフォンでQRコードを読み込むだけで支払いができるサービス(QRコードを利用した決済サービス)が普及し始めています。 QRコードは、1994年にデンソーウェーブが開発した日本発信の技術です ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し