QRコード読み取り(スキャン)が iOS 11の標準カメラで可能になりました! [iPhone,iPad]

2017/09/20

iOS 11のリリース

2017年9月20日、iOS 11がリリースされました。

今回大きくアップデートされたのは、コントロールセンターの刷新や運転中モードの追加、カメラ・録画機能の充実やSiriの精度向上など、色々な機能が増えてiPhoneを始めとしたアップル製品が更に便利になりました。

iOS 11の対応デバイス

iPhoneは「5s」以降の機種で利用することが可能です。

iPhone

  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s

iPad

  • 12.9インチiPad Pro
    (第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro
    (第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iPod

  • iPod touch
    (第6世代)

iOS 11 圧倒的な進化をiPhoneに。驚異的な飛躍をiPadに。 -apple

QRコードのスキャン機能

その中でも注目したい機能は、標準カメラでQRコードをスキャンできるようになったことです。

※画像はappleのiOS11ページよりキャプチャー

今迄のiPhoneはQRコード読み取り機能に対応していなかった為、iPhoneでQRコードを読み取る際にはQRコードリーダー機能の付いたアプリをダウンロードする必要がありました。

しかし、今回のiOS11の標準カメラにはQRコード読み取り機能が搭載されたので、設定画面でQRコードスキャン機能をオンにするだけで利用が可能になり、アプリをダウンロードする必要がなくなりました。

QRコードスキャン機能を有効にする方法

早速、iOS11の標準カメラでQRコードスキャン機能の有効化を行いましょう。

まず、ホーム画面から「設定」を起動し、「カメラ」を選択します。

iOS11 QRコードスキャン

「QRコードをスキャン」の項目をオンにします。

iOS11 QRコードスキャン

これによって、標準カメラでQRコードの読み取りが可能になります。

試しに撮ってみましょう。
標準カメラを起動し、撮影画面内にQRコードを入れると、QRコードの読み取りが始まります。

シャッターボタンを押す必要は無く、自動的にQRコードの読み込みを行い画面上部に表示されます。
今回読み取ったQRコードはwebサイトのURLだったので、上部に表示された「WEBサイトQRコード」をタップするだけで、SafariでQRコードに記載されていたサイトを表示することができます。

iOS11 QRコードスキャン

今回の新機能で追加されたスクリーン録画を使って、QRコードスキャン方法を録画してみたので、詳細は以下の動画をご覧下さい

【スクリーン動画】iOS11のQRコードスキャン方法

既存アプリも自動起動

実は、このQRコードスキャン機能を使うと自動的に最適なアプリを起動してくれるので、LINEやTwitterのアプリなどをダウンロードしていれば、QRコード読取り後のダイアログから起動できます。

LINEのQRコードをスキャン

標準カメラでLINEの個人IDをスキャンすると、上記同様の流れでWEB接続の代わりにアプリが起動されます。

LINE iOS QRコード スキャン

一旦、WEBサイトに接続されますが、「このページを”LINE”で開きますか?」の問いに対して「開く」を選択すると、LINEアプリが起動します。

LINE iOS QRコード スキャン

TwitterのQRコードをスキャン

標準カメラでTwitterの個人IDをスキャンすると、LINE同様の流れでQRコードが読み込まれ、Twitterアプリが起動されます。(アプリを持っている場合は、上部に表示されるアイコンがTwitterになります。)

Twitter iOS QRコード スキャン

ただし、Twitterのアプリを持っていない場合には、Twitterのブラウザー版WEBサイトに繋がります。(この場合は、上部に表示されるアイコンはsafariです)

Twitter_web iOS QRコード スキャン

Twitter_web iOS QRコード スキャン

iOS11によって、更なるQRコードの普及に期待!

世界的なiOSのシェアは約20%ですが、日本ではなんと約70%も占めると言われています。
今回のiOS11リリースにより、QRコードスキャンが更に身近なモノになったので、日本国内でも益々QRコードが普及していくと考えられますね!

 - お役立ち情報

  関連記事

【世界のQRコード活用事例】商品やイベントだけでなく、ATMでの使用も可能!

このページの目次1 QRコードの広がり2 【アメリカ、オーストラリア】キャッシュカードが無くても、QRコードを使って現金引き出しが可能2.1 Bank of Hawaii(アメリカ)2.2 St.Ge ・・・ 続きを読む

電子機器
自動車や電気製品の関税撤廃

このページの目次1 日欧EPAで大枠合意された関税品目2 海外消費者向けの電気製品3 QR Translatorで多言語対応 日欧EPAで大枠合意された関税品目 7月6日、日本政府と欧州連合は経済連携 ・・・ 続きを読む

no image
補助金を活用して多言語化

国土交通省の補助金制度 現在、国土交通省が募集している補助金制度についてご案内します。 ******************** 国土交通省 観光庁(2017年7月31日まで募集): 「宿泊施設のイン ・・・ 続きを読む

過去最高の訪日客数!2017年は2869万人を達成

このページの目次1 2017年の訪日客数は過去最高の2869万人1.1 国別の訪日客数2 旅行消費額も過去最高2.1 買物代の消費額2.2 宿泊代の消費額2.3 飲食代の消費額 2017年の訪日客数は ・・・ 続きを読む

airplane
2017年9月:訪日客2,000万人を突破!東南アジアからの訪日客増加に向け、地方空港は多言語対応を加速

観光庁によると、9月15日の時点で訪日客が2,000万人を突破しました。近年、特に訪日客数が増加している東南アジアの現状をお伝えします。 このページの目次1 東南アジア就航便の増加1.1 新規の定期便 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し