人力翻訳の注意点とは?

2016/06/10

人力翻訳または専門翻訳を弊社にご依頼頂く際、事前に以下の点にご注意頂けると、よりスムーズに、よりご希望に沿った翻訳作業が行えますので、ご協力お願い致します。

人力翻訳の注意点


【翻訳全般に関する内容】

  • 翻訳単価は言語と内容によって異なります。
  • 正式ご発注後のキャンセルには応じかねますので、予めご了承下さい。
  • 納期短縮の場合は、通常費用にプラス料金が発生致します。
  • 分量が少ない際、ミニマムチャージが発生する場合がございます。
  • 元原稿、予定参考資料の提供が遅れる場合や、業務着手後に原稿や仕様の変更があった場合、当初の納品予定日が変更される場合がございます。
  • 原稿はWordやExcelでご提出下さい。PDFでご提出の場合は、文字起こし可能なデータをご送付下さい。万が一、文字起こしが必要な場合は別途費用が発生致しますので、予めご了承下さい。
  • 基本的に翻訳はアメリカ英語です。イギリス英語をご希望の場合は、別途料金が発生する可能性がございます。また、その他言語においても、言語地域の指定がある場合は、事前にご連絡下さい。(対応出来ない可能性もございますが、ご相談頂ければ幸甚です。)
  • 翻訳原稿では、数字は半角でご入力下さい。

【翻訳全体に関する内容】

  • 翻訳イメージ
    ご希望がある場合は、事前にご指示下さい。
    例) 口語体 / 文語体、ですます調 / である調
  • 翻訳用途
    翻訳用途や原稿内容の分野についての情報提供をお願い致します。
    例) 個人利用(e-mail、手紙)
       ビジネス利用(営業資料、社内資料)
       オンラインコンテンツ(webサイト、ブログ、SNS投稿)
       出版物(ガイドブック、出版記事、専門書)
       商品説明
       観光関係、施設概要
       文化、歴史
  • 専門用語、特殊表現
    用語集や指定表現等がある場合は、事前にご提出下さい。また、難しい漢字や特別な読み方がある場合は、参考資料としてご提出願います。
  • 固有名詞
    日本固有の表現を翻訳する場合、ローマ字読みでよろしいでしょうか。また、複数言語に渡り、固有名詞の表記統一が必要な場合は、用語集をご提出下さい。その他、記載方法について(英語で該当単語があれば英語表記、各言語カッコ付けで説明文を追記、アルファベット表記の大文字/小文字等)ご希望がございましたら、事前にご指示下さい。
  • 参考URL、資料
    参考にすべきwebサイトや資料がございましたら、URL情報、又は資料をご送付願います。
  • その他ご希望
    スペース、改行: 原稿に合わせる / 正しい形式に修正する

※最適な翻訳を行う為にも上記情報のご提供をお願い致します。適切な情報提供が無いまま、翻訳完了後に修正をご希望の場合は、別途費用が発生致しますので、予めご了承下さい。


【翻訳後に関する内容】

  • 翻訳後のチェック作業(翻訳漏れ、誤訳、体裁調整等)は基本的に1回です。2回以上をご希望の際は別途お見積り致しますので、事前にご相談下さい。
  • PDFやwebサイトのチェック作業は翻訳原稿が反映されているか、改行位置に問題が無いかを中心に精査致します。
  • 翻訳完了後の原稿修正やお客様都合の変更の場合は、その都度、追加納期・翻訳代が発生致します。

 - [Q&A] 翻訳に関して

  関連記事

QR Translatorで対応可能な言語

QR Translatorでは39言語の中からご希望の言語を選択し、各言語の翻訳が可能です。 現在は、4種類の翻訳方法を用意しております。 このページの目次1 翻訳方法の種類1.1 ①機械翻訳1.2 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し