【掲載】月刊誌 近代消防 1月新春特別増大号に掲載

2017/12/11

2017年12月10日、株式会社 近代消防社が発行する月刊誌『近代消防』の「1月 新春特別増大号」にて、QR Translatorを取り上げて頂きました。

P.68-73
多言語化 + 音声化でユニバーサル対応を実現する「QR Translator」

– 訪日外国人向けのインバウンド対応から災害対策への応用まで –

  • 社会インフラを目指す「QR Translator」
  • 「QR Translator」とは
  • 増加する観光客、求められているおもてなし
  • QR Translatorがもたらす情報インフラの改革
  • 防災分野に取り組むきっかけ
  • 自治体に求められている機能
  • これからはクラウドサービスによる防災情報システム運用が最適
  • 先進的に取り組む泉佐野市役所
  • 災害時の利用想定について
  • 国内での評価について
  • 日本のユニバーサルデザインを世界に届ける
  • IoT活用によるぺーパーレス・ハードレスを目指した情報インフラ整備

日本は地震や台風等、天災の多い国としても知られています。訪日外国人数は年々増加していますが、日本滞在中の災害に対する不安を抱えている方も多いことでしょう。また、各自治体は万が一災害が発生した時に外国人に対してどのように対応すべきなのか、対策方法について検討・実施を始めている地域も増えています。

PIJINではQRTコードを使い、多言語情報を提供しています。
例えば、空港や駅に設置されている看板に貼付してあるQRTコードでは通常、観光情報等を発信しますが、災害時には緊急速報や避難情報等に切り替えることが出来ます。自治体や管理側は内容を簡単に変更・修正でき、外国人等のユーザーは貼付されているQRTコードをスキャンするだけで必要な情報を得られます。

今回は、インフォコム株式会社と連携して進めているユニバーサル防災タウンシステムや防災マップにQR Translatorを採用下さった大阪府泉佐野市の取り組み、総務省消防庁が主催する避難訓練にて外国人対応のツールの1つとして活用されているQR Translator等について、ご紹介しています。

P.63
九都県市のきらりと光る産業技術表彰式を開催

<東京都> 株式会社PIJIN
「世界を言語バリアフリーにする多言語化ソリューション『QR Translator』」

11月13日に相模原市で開催された「九都県市のきらりと光る産業技術表彰式」では、各九都県市で選出された産業技術が表彰され、PIJINは東京都代表として参加致しました。

当日の企業ブースでは、各都県知事や市長の皆さまに、通常は観光情報を提供しているQRTコードを使い、災害時には災害状況や避難場所の内容に切り替えてユーザーに情報を伝える機能についてご紹介致しました。


本件につきご質問等ございましたら、お気軽に弊社までご連絡下さい。
株式会社PIJIN
電話:03-4531-9690
Mail:inquiry@qrtranslator.com

 - 掲載

  関連記事

no image
【掲載】毎日新聞英語版に掲載

ITを利用した外国人旅行者の言語バリアフリー化の取組みとして毎日新聞英語版のニュースでQR Translatorが紹介されました。

no image
【掲載】2017年10月9日、日本経済新聞に掲載

2017年10月9日、日本経済新聞の全国版(朝刊)新興・中小企業面に、QR Translatorが取り上げられました。 QR Translatorでは、災害時に自治体が発信する避難所の開設情報等をスマ ・・・ 続きを読む

りそなーれ 2018年3月号
【掲載】2018年3月号の月刊情報誌「りそなーれ」に掲載

りそな総合研究所の発行する月刊情報誌「りそなーれ」2018年3月号に、QR Translatorが取り上げられました。 QR TranslatorはQRコードをスキャンするだけで多言語対応ができるサー ・・・ 続きを読む

no image
【掲載】2016年12月13日、日本経済新聞に掲載

日本経済新聞の東京版・首都圏経済面に、QRコードを使った多言語対応サービスとしてQR Translatorが取り上げられました。

no image
【掲載】月刊「事業構想」4月号に掲載

事業構想大学院大学出版部が発行する【月刊 事業構想 4月号】(2017年3月1日発売)の特別企画「地域防災の産業化」において、QR Translatorが紹介されました。

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し