【視覚障がい者への対応】音声コード「Uni-Voice:ユニボイス」「SPコード」とは?!

2018/06/19

自治体の情報発信においても、在住外国人の増加や障がい者対応で二次元コードの利用が増えてきています。
特に視覚障がいの方へは音声による情報伝達が有効だと言われています。国内で音声対応をしている二次元コードを調査しました。

QR Translatorは、QRコードを利用して多言語情報を表示し、音声読み上げ対応も利用することができますが、視覚障がい者への対応として利用されている「音声コード」のUni-Voice:ユニボイスSPコードも2次元コードを利用して、テキストの読み上げや多言語表示ができるようです。

「Uni-Voice:ユニボイス」と「SPコード」は、同じものかと思っていたのですが読み取り方法や仕様が少し違いました。

「音声コード」とは

「Uni-Voice:ユニボイス」や「SPコード」という名称は、知っていたのですが「音声コード」という形でまとめることができるようです。

音声コード(おんせいコード)は、日本で開発された高密度の二次元記号である。デジタル化された文字情報がコード内に含まれているため、コードを元に音声を出力することが出来る。音声化する機械に活字文書読み上げ装置がある。音声コードを読み取らせることで音声を出力する。

「音声コード」 ーwikipedia

音声コードには、漢字を含めた情報が格納でき、携帯電話(ガラケー)・スマートフォンや専用の読み取り装置を利用して読み込んで音声で読み上げることができるそうです。

携帯電話(ガラケー)・スマートフォンに対応している音声コードはUni-Voice:ユニボイス
読み取り専用機器が必要な音声コードがSPコードになります。

また2つの違いとして、「SPコード」は作成時に男性・女性の音声が選べるそうですが、「Uni-Voice」は専用機械だと男性になるそうです。

音声コードの種類と違い

音声コードは2種類あります。

① SP コード

  • 専用の読み取り装置に対応した音声コード
  • 作成時に男性、女性の音声が選べます。
  • ※携帯電話やスマートフォンでもコードを読み込むことはできますが、正しく読み上げることができません。

② Uni-Voice

  • 携帯電話やスマートフォン(アプリ)に対応した音声コード
  • 音声コードを読み込むと携帯電話に文字として情報が掲載することができます。
  • 音声コードを再生する専用機械でも読み込むことができます。その場合は男性の音声です。
音声コードマニュアル ー関東図書株式会社

「Uni-Voice:ユニボイス」と「SPコード」、それぞれに関して調査しました。

Uni-Voice:ユニボイス

「Uni-Voice:ユニボイス」は、「みんなが読めるソリューション 音声コードUni-Voice」という形でUni-Voice事業企画株式会社のサイトが運営されています。

Uni-Voiceを読み取って利用する際は、専用アプリが必須なのでApp StoreまたはGoogle Playからアプリをインストールして利用します。

弊社、東京オフィスそばの交差点に多言語のUni-Voiceが実際にありました。

標識に表示されている「日本語、英語、中国語簡体字、韓国語」以外の言語は、Uni-Voiceで読み取ると表示されました。

この画像をクリックすると大きくなるので、試しに読み込んでみるとよくわかりやすいです。(上記、アプリのダウンロードが必要です。)

Uni-Voiceサイト内のアプリ説明には「ピントを合わせると、自動的に認識されます」とありますが、天気が曇っていたこともありすぐ読み取れなかったのですが、手動で撮影距離・角度を調整することで読み取りをすることができました。

読み取った音声コードの中には、11言語のテキスト情報が表示されており、アプリに設定している言語があると読み上げることができます。ただ、音声読み上げをするには、設定している言語を対象言語に変更しておく必要がありました。(初期状態では、言語が日本語になっていたようで再生ボタンが押せない状態でした。)

表示されているテキストを機械翻訳すると「ボタンを押して通りを渡ります。安全のために、信号に従ってください。」というような内容が含まれていました。

日本年金機構でも利用

いろいろ調査している中で「視覚障害を事由として障害年金を受給している方」を対象に、2次元バーコードコード「音声コード(Uni-Voice)」を印刷してお知らせする取り組みを開始したそうです。

視覚障害のある年金受給者に対する通知書の改善について ー日本年金機構(180010-923-258-077 更新日:2018年6月1日)

SPコード

SPコードの概要に関しては、wikipediaにわかりやすくまとめられていました。

SPコード(エスピーコード)とは、文字情報を内包した二次元コードの一種で、対応の読取装置で読み取ると、音声で文字情報を聴くことができるコードである。

2003年、株式会社オリジナルデザインと株式会社廣済堂が共同開発したコードである。2009年9月5日より、「視覚障害者用活字文書読上げ装置」として重度障害者(児)日常生活用具の指定品目となった。

作成方法は、SPコードにしたい文章をMicrosoft Wordで作成し、専用ソフトであるSP Code Maker-One Click Editionでデジタル化をする。コードの大きさは、文字数で決まり800文字で18 mm角、1000文字で20 mm角となる。音声は男性、女性の2種類で作成できる。

「SPコード」 ーwikipedia

専用の読み取り装置が必要になるようで、調べていくと開発元である「株式会社廣済堂」が運営している「SP Code」のサイトで購入ができます。

現在は「スピーチオプラス(SPコード読み取り装置)」のみ販売しているようです。価格は49,800円ですが「視覚障がい者用活字文書読上げ装置」として重度障がい者(児)日常生活用具の指定品目であり、原則1割の自己負担でご購入できます。

VOICEYE CODE(ボイスアイコード)

「音声コード」を調査している中で、「VOICEYE CODE(ボイスアイコード)」というサービスも発見しました。「VOICEYE CODE」は、韓国ボイスアイ社が開発した2次元コードで、600dpi基準(1.8×1.8cm)で3kbyte(約1,500字)まで記録できるそうです。
また興味深い特徴として、正方形だけじゃなく長方形でも利用できるそうです。


「ボイスアイ」活用事例 ー株式会社プロフィット

音声コード利用するときの仕組みや特徴など

印刷物には「切り欠き加工」を行う

視覚障がい者が音声コードの位置を確認することができるように、半円の切り欠き加工を行います。
先程の日本年金機構のサイトにイメージがありました。

日本年金機構の見本サンプル

※上記、スクリーンショット内にある半円切り欠きの拡大イメージ

片面ページの場合は、コードのあるページの用紙の端に1か所加工を行い、両面ページや複数ページの場合は、コードのあるページの用紙の端に2か所加工をします。

2次元コードの作成方法

2次元コードの作成には専用ツールが必要になります。

「Uni-Voice」は、2018年6月より「一般法人(営利企業)に対する価格改定による提供価格は、1ライセンス/90,000円(税抜)」に変わりました。
また「SPコード」は、シングルユーザーで7,200円(税抜)から作成ツールが利用できます。お試し版は、機能に制限がありますが無償で提供されています。

容量制限

「Uni-Voice」「SPコード」ともに、漢字を含む文字データを記録することが可能です。作成される2次元コードの大きさは文字数で決まり、800文字で約18mm角、1000文字で約20mm角となるそうです。
※SPコードは生成時の圧縮率により異なるため、あくまでも目安になります。

通信環境は必要ない

テキストデータは二次元コードとして保持されるので、読み込むことができれば通信環境は必要ありません。ただし読み込みには、専用装置かアプリが必要になります。

2次元コードの出力(印刷に関して)

レーザープリンタ(600dpi以上推奨)となっています。一般的な家庭用のプリンターは、インクジェットプリンターが多いため2次元コードが滲んでしまう可能性があるようです。

読み込み精度

QRコードと比べると、センシティブな感じです。「Uni-Voice」のアプリの場合は、低輝度・高輝度アイコンが点滅したら、場所の移動等が必要になります。

QRコードとの違い

大きな違いとしては、音声コードは読み取り側に専用ツールが必要になるところです。QRコードは、スマートホンを始め比較的簡単に読み取ることができます。

音声コードのメリット・デメリット

メリット

  • 文字情報を「テキスト表示」と「音声読み上げ」で提供できる
  • 通信環境が必要ない(オフラインでも利用できる)
  • 読み取ったデータを保存できる
  • 多言語対応可能

デメリット

  • 読み取りに専用ツール(またはアプリのダウンロード)が必要
  • コンテンツ修正には、二次元コードの修正も必要
  • 読み取りがしづらい場合がある
  • コピーされた音声コードの読み取り率は極めて低い
  • 言語ごとに2次元コードが必要

課題

マイナンバー制度が施行された際に、日本盲人会連合(日盲連)が総務省に緊急の要望書を提出しました(平成27年12月18日)。内容としては「「音声コード」を読み上げないという問題が多かった」ということです。実際に「読み取り装置であるスピーチオ、テルミー、らくらくホンを持参し、読み取りができない(しずらい)ことを確認してもらった。」との記載がありました。

マイナンバー制度で総務大臣に緊急に要望 ー社会福祉法人 日本盲人会連合

QR Translatorと音声コードの比較

QR TranslatorのQRコードにはURLの情報しか記載されていないため、コンテンツを見るためには通信環境が必要になります。しかし、印刷したQRTコードはそのままで、コンテンツはいつでも変更することができ音声対応も可能です。さらに1つのQRTコードで最大15言語のコンテンツを表示することもできます。

ユーザーや利用状況、表示するコンテンツの性質に合わせた選択で、よりユーザビリティーの高いサービス提供が可能になるので、ぜひQR Translatorをお試しください。

 - お役立ち情報

  関連記事

企業版ふるさと納税とQR Translator

このページの目次1 ふるさと納税とは?2 個人で行うふるさと納税3 企業で行うふるさと納税3.1 企業版ふるさと納税のメリット4 QR Translatorで企業版ふるさと納税を目指す ふるさと納税と ・・・ 続きを読む

【世界のQRコード活用事例】商品やイベントだけでなく、ATMでの使用も可能!

このページの目次1 QRコードの広がり2 【アメリカ、オーストラリア】キャッシュカードが無くても、QRコードを使って現金引き出しが可能2.1 Bank of Hawaii(アメリカ)2.2 St.Ge ・・・ 続きを読む

訪日観光客向けのインバウンド対応は、スマートフォンアプリよりもwebブラウザの方が重要になってきている!?

QR Translatorを運用している中で、「webブラウザ」と「スマートフォンアプリ」どちらがいいのかという問題が常にあります。基本的には目的に合わせて利用しますが、訪日外国人観光客の利便性を考え ・・・ 続きを読む

no image
補助金を活用して多言語化

国土交通省の補助金制度 現在、国土交通省が募集している補助金制度についてご案内します。 ******************** 国土交通省 観光庁(2017年7月31日まで募集): 「宿泊施設のイン ・・・ 続きを読む

緑茶・日本酒の関税撤廃

このページの目次1 緑茶と日本酒の輸出2 欧州向け海運規制の緩和3 QR Translatorで日本酒紹介 緑茶と日本酒の輸出 緑茶と日本酒は日本特有の飲み物として、今や世界中に流通している飲み物です ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し