内閣府が『外国人のための減災のポイント』と『新たな避難情報』を多言語で公開

2021年6月23日

株式会社PIJIN

報道関係者各位

プレスリリース

『外国人のための減災のポイント』『新たな避難情報』

内閣府が作成したポスターに「QR Translator」を採用

このたび内閣府が作成した『外国人のための減災のポイント』と『新たな避難情報』のポスターにPIJINの「QR Translator」が採用されました。内閣府は、在留外国人の増加に伴い、外国人への防災・気象に関する情報提供が重要となってきていることから、消防庁、観光庁、気象庁と連携して、防災・気象情報の多言語での提供を進めており、これはその取り組みの一環です※1。これまでは、防災関連のポスターを多言語対応するために各言語ごとに15種類のポスターを作成していましたが、QR Translatorを利用することにより、より実用性の高い多言語対応が可能になりました。

『外国人のための減災ポイント』のポスターは日本語とやさしい日本語で展開しており、ポスターのQRコードをスマートフォンなどで読み取ると、端末の言語設定を自動判別しその言語で表示されます※2。

また『新たな避難情報』に関するポスターは、令和3年5月20日から「避難勧告」が廃止され「避難指示」に変わったことをわかりやすくお伝えし、普段から災害に対してどう備えるか、どう行動するかを知ってもらうために作成されました。『外国人のための減災ポイント』同様、QRコードの読み取りによって、多言語で見ることが出来ます※3。

当社はQR Translatorの活用により、緊急時の情報収集が困難な外国人が、普段から災害時の行動について話し合い、準備をするきっかけの一助になるように、ポスターの周知および本サービスの普及に取り組んでまいります。

※1 平成30年12月25日の「外国人材の受入れ・共生に関する閣僚会議」で決定された「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」における取組の一部
※2 該当の言語がない場合は英語表示
※3 『新たな避難情報』の外国語は現在英語を含む7言語を公開、6月中にその他の言語(全14言語)に対応予定

■ポスター『外国人のための減災のポイント』

■ポスター『新たな避難情報』

新たな避難情報

新たな避難情報

■対応言語

計14 言語:英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、クメール語、ビルマ語、モンゴル語(翻訳は全てネイティブ翻訳)

●内閣府「防災情報のページ」
外国人のための減災のポイント(やさしい日本語と多言語QRコード対応)
避難情報に関するガイドラインの改定(令和3年5月)

多言語表示サービス「QR Translator」について

QR Translatorは株式会社PIJINが提供しているQRコードを使った多言語表示サービスです。ユーザーがQRコードをスキャンするだけで、ユーザー端末の設定言語が認識され、自動的に翻訳文を表示します。

QRTコード(二次元コード)を利用した、情報インフラ・プラットフォーム

■利用イメージ

大阪府泉佐野市、奈良県奈良市、愛媛県内子町

■主な機能

  • 専用アプリ不要:QRコードをスキャンするだけなので、専用アプリのダウンロード不要
  • 39言語対応:最大15言語の選択が可能
  • 貼り替え不要:web上で簡単にコンテンツの修正・更新が可能
  • 音声読み上げ機能つき:障がい者の方にも情報を届けられるインフラ・サービス
  • 言語ごとのアクセス実績が簡単に閲覧可能。施策との相関を分析するのに最適

■主な受賞実績

  • 2016年 世界発信プロジェクト「革新的サービス大賞」
  • 2017年 Keihanna Venture Championship「特別賞」
  • 2017年 九都県市のきらりと光る産業技術表彰「東京都代表」
  • 2018年 ジャパン・レジリエンス・アワード「強靭化大賞」
※「QR Translator」は株式会社PIJINの登録商標です。
※「QR Translator」の仕組みは日本、米国、ロシア、中国、香港、マカオ、韓国で特許を取得済です。

 PDF版のダウンロード

本件に関する問い合わせ先について

株式会社PIJIN
担当:神野
E-mail:press@qrtranslator.com
TEL:06-7166-2820

 - QRTの最新ニュース, QRT実績紹介