【連携】製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携し、 QR Translatorが訪日外国人の買い物支援を強化

2018/07/20

2018年7月20日

報道関係者各位

プレスリリース

株式会社PIJIN

製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携し
QR Translatorが訪日外国人の買い物支援を強化

訪⽇外国⼈客向けの商品情報提供による販売促進
メーカー発信の正確な商品情報の収集/提供サイクルの確⽴を目指します

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、製・配・販連携協議会の多言語商品情報プロジェクトと連携し、訪日外国人の買い物支援を目的としたデータ活用を開始します。

訪⽇外国⼈客向けの商品情報提供による販売促進、メーカー発信の正確な商品情報の収集/提供サイクルの確⽴をめざし、将来的には東京オリンピック/パラリンピックに訪⽇する外国⼈の買い物⽀援に向けたオールジャパンによる多⾔語化の取組みの⼀環としていきます。

多言語商品情報プロジェクトの背景

訪⽇外国⼈客は、2017年には2,869万⼈に達し、「明⽇の⽇本を⽀える観光ビジョン」において、2020年に4,000万⼈、2030年に6,000万⼈の⽬標が設定されています。

訪⽇外国⼈客の旅⾏消費額に占める買い物代の割合は、約37.1%*を占め、訪⽇外国⼈客の増加に伴って、買物消費額も⼤幅な増加が⾒込まれます。ところが、訪⽇外国⼈客が⽇本でショッピングをする際には、⾔語の問題(説明・価格表⽰)で不満や⼼配を感じるケースが多くなっています。
*「訪⽇外国⼈の消費動向平成29年間値(速報)」国⼟交通省観光庁より。

①訪⽇外国⼈客に関するデータ

②費⽬別購⼊率及び購⼊者単価(主要国籍・地域別)

購⼊率(その費⽬を購⼊した⼈の割合)が最も⾼い費⽬は「菓⼦類」であり、63.5%が購⼊。次いで「その他⾷料品・飲料・酒・たばこ」の購⼊率が58.8%と⾼い。国籍・地域別では、「菓⼦類」では韓国、「化粧品・⾹⽔」では中国、「医薬品・健康グッズ・トイレタリー」では台湾と中国の購⼊率が⾼い。

多言語情報プロジェクトが開発した専用アプリ「Mulpi」と連携したデータ活用

商品パッケージや店頭POPについているJANコード(バーコード)を読み取ると、メーカー公式商品情報を確認することができる専用アプリ「Mulpi」。その約12万アイテムの基本データベースを活用し、QR Translatorのコードと連携。本取り組みでのデータ利用に限り、QR Translatorの利用料を無料で提供します。

発行したQRTコード(2次元コード)は、プライスカードやショップカードにも無料で利用していただけます。

無料モデル

QR Translatorオリジナルの有料モデルも用意

有料モデルでは、より詳細な商品情報を表示でき、適切な翻訳文を表示することで、正しい利用方法を伝えることが可能です。また、自由なデザイン・レイアウトの実現、SNS連携、モバイルサイト構成による複数アイテムの情報展開が可能です。さらに、複数商品での利用の場合には、テンプレート展開によるコストダウンが可能になります。

有料モデル

多言語表示サービス「QR Translator」について

QR Translatorは株式会社PIJINが提供しているQRコードを使った多言語表示サービスです。ユーザーがQRコードをスキャンするだけで、ユーザー端末の設定言語が認識され、自動的に翻訳文を表示します。

QRコード(二次元コード)を利用した、多言語対応・プラットフォームサービス

利用イメージ:神奈川県藤沢市、奈良県奈良市、愛媛県内子町

■主な機能

  • 専用アプリ不要:QRコードをスキャンするだけなので、専用アプリのダウンロード不要
  • 39言語対応:最大15言語の選択が可能
  • 貼り替え不要:web上で簡単にコンテンツの修正・更新が可能
  • 音声読み上げ機能つき:障がい者の方にも情報を届けられるインフラ・サービス

■主な受賞実績

  • 2016年 世界発信プロジェクト「革新的サービス大賞」
  • 2017年 Keihanna Venture Championship「特別賞」
  • 2017年 九都県市のきらりと光る産業技術表彰「東京都代表」
  • 2018年 ジャパン・レジリエンス・アワード「強靭化大賞」

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※「QR Translator」は株式会社PIJINの登録商標です。
※「QR Translator」の仕組みは、日本と米国、ロシア、中国で特許を取得済です。

お問い合わせ先

株式会社PIJIN
担当:神野・辻
press@qrtranslator.com
03-4531-9690

 - 提携・連携

  関連記事

no image
製・配・販連携協議会による商品情報の多言語化

求められる商品情報の多言語化 年々増加する訪日外国人数は、2017年9月時点で2,000万人に達しました。 国土交通省によると、訪日外国人の旅行消費額に占める買い物代の割合は約38%を占めるそうです。 ・・・ 続きを読む

株式会社PIJIN、NTTテクノクロス株式会社と連携し、3次元物体認識対応の「QR Translator powered by かざして案内®」サービスを提供開始

2018年10月11日 報道関係者各位 プレスリリース 株式会社PIJIN 株式会社PIJIN、NTTテクノクロス株式会社と連携し、 3次元物体認識対応の「QR Translator powered ・・・ 続きを読む

no image
【提携】NTTグループがQR Translatorのサービス開始を発表

NTT西日本及びNTTマーケティングアクトでは、東京オリンピックを見据えて、Free Wi-Fiの普及と合わせQR Translatorの活用提案を国内の各企業・自治体向けに行っていく旨、プレス発表を頂きました。

泉佐野市における多言語情報表示サービス 「IZUMISANO TRAVEL GUIDE」へ災害時情報連携機能「Bosai QRT」を搭載

2019年4月1日 株式会社PIJIN 報道関係者各位 プレスリリース 泉佐野市における多言語情報表示サービス 「IZUMISANO TRAVEL GUIDE」へ災害時情報連携機能を搭載 多言語表示サ ・・・ 続きを読む

SoundUD推進コンソーシアムと連携し、 ヤマハ「おもてなしガイド」の販売を開始 〜相互連携により施設内のユニバーサル対応を拡張〜

2018年8月31日 報道関係者各位 プレスリリース 株式会社PIJIN SoundUD推進コンソーシアムと連携しヤマハ「おもてなしガイド」の販売を開始 〜相互連携により施設内のユニバーサル対応を拡張 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し