【連携】柴又の和菓子店「高木屋老舗」と連携を開始

2017/03/10

2017年3月10日

報道関係者各位

プレスリリース

株式会社PIJIN

高木屋老舗

外国人観光客に日本文化を伝えよう!~東京都葛飾区柴又・高木屋老舗~

QR Translatorを活用した外国語対応で和菓子作り体験をサポート

映画「男はつらいよ」の舞台となった地域の観光情報を、QRコードで多言語発信

 

多言語コンテンツの作成・更新が管理できる「QR Translator」を開発・提供する株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、高木屋老舗(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長:石川宏太)と連携し、柴又エリアの地域活性化に向けた外国語対応サービスを開始いたします。第一弾として、定期的に開催している「和菓子作り体験」サービスの多言語対応を行います。

高木屋老舗は、帝釈天参道に店を構え、映画「男はつらいよ」に縁のある和菓子屋として多くの観光客が訪れています。映画「男はつらいよ」のシリーズが終了してからは全体的な観光客数は減少しているものの、増加する外国人観光客に対応する為、地元商店街でつくる柴又神明会の会長としても、重点的に取り組みを進めています。
2016年3月に無料Wi-Fi環境を整え、SNSでの情報発信を狙い、「和菓子作り体験」サービスを開始しました。その次の取り組みとして、すでに複数の自治体でも利用実績のあるQR Translatorを採用して外国語対応を強化しようと考えています。体験のサポートだけでなく、地域活性化に向けた飲食店や周辺の観光情報の多言語取得サービスを順次拡大していく予定です。

最近、葛飾区が中心となって、柴又地域の「重要文化的景観」への認定を目指す動きがあります。京成金町線柴又駅の前に立つ寅さんの銅像は柴又のシンボルとして有名ですが、今年3月、その銅像近くに妹・さくらの銅像が設置されることもあり、今回の取り組みと併せて国内外からより多くの観光客が訪れるきっかけになる事を期待しています。

■QR Translatorとは

QRコード(二次元コード)を利用した、多言語対応・プラットフォームサービス

・ユーザーがQRコードを読み取ると、ユーザー端末の設定言語を識別し、適した翻訳文を自動的に表示します。
・【原稿入稿 → 翻訳 → コンテンツ編集 → QRTコードの生成】を一貫システムで実行できます。
・コンテンツの修正・更新が簡単に行えます。
・4段階の翻訳レベルを選択できます。※ダブルチェック付はシステム外対応。
(機械翻訳、クラウド翻訳、ダブルチェック付一般翻訳、ダブルチェック付専門翻訳)
・外国人や障がい者の方々にも情報を届けられるインフラ・サービスです。
・音声読み上げ機能に加え、音や信号を使った更なるユニバーサル対応の機能開発を進めています。

【事例紹介:神奈川県藤沢市、奈良県奈良市、愛媛県内子町】

■株式会社PIJINについて https://www.qrtranslator.com/jp

株式会社PIJINはQRコードを使って多言語コンテンツを表示するQR Translatorを提供しています。多言語コンテンツは簡単に作成・更新ができ、QR Translatorで発行したQRコードを看板やパンフレットに載せることにより、看板の貼り換えや各言語の書物印刷の必要が無くなり、スペースの節約やコストの削減が可能になる世界初の多言語対応サービスです。2016年10月には、東京都中小企業世界発信プロジェクト推進協議会が選考する世界発信コンペティションで、サービス部門大賞を受賞しました。

※クラウド翻訳とQRコードの発行が一連のシステムで行えるサービスとして、日本と米国、ロシアで特許を取得しています。

■高木屋老舗について http://www.takagiya.co.jp

高木屋老舗は、葛飾区や柴又に来られる外国人旅行客や在日外国人のために、より日本文化の良さや和菓子の魅力を伝えるため、和菓子作り体験等のサービスを開始するなどして、インバウンド対応にも努め参りました。

柴又帝釈天の参道で長く営業してきた弊社が、外国人へのおもてなしの方法について常に検討する中で、今回PIJIN様と提携することとなりました。新進気鋭のPIJIN様と、老舗和菓子屋の高木屋老舗が組むことによってより多くのお客様に安心して日本文化を味わい、体験いただけることをうれしく思います。

【所在地】〒125-0052 東京都葛飾区柴又七丁目7番4号
【開業】1868年(明治元年)

昔の店構え
現在の店構え
【高木屋老舗が行う和菓子作り体験】

(上生菓子・団子の製作体験と抹茶のセットを提供)

サービスコンセプト:和菓子を通して知る、日本の伝統文化の体験

・和菓子が表現している季節や季節の味を感じて欲しい。
・和菓子を作る過程を通じて、日本の伝統の技を体感して欲しい。
・和菓子が意味する、おもてなしの心を知って欲しい。

お問い合わせ先

株式会社PIJIN
マーケティング部 広報室 室長
小林亜子
E-mail:press@qrtranslator.com
TEL:03-4531-9690

株式会社高木屋
担当者連絡先 TEL:090-5211-5573

 - 提携・連携

  関連記事

株式会社PIJIN、XPAND株式会社と連携し、 JANコードスキャンページの提供を開始 製・配・販連携協議会の多言語商品情報データとも連携

2018年11月9日 報道関係者各位 プレスリリース 株式会社PIJIN 株式会社PIJIN、XPAND株式会社と連携し JANコードスキャンページの提供を開始 製・配・販連携協議会の多言語商品情報デ ・・・ 続きを読む

no image
【提携】クラウドファンディングサービスのReadyforと提携を開始
no image
【連携】更なるバリアフリーの実現に向けてヤマハと連携を開始

ヤマハでは、同社の音声によるユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」とQR Translatorを連携して、更なるインバウンド対応やバリアフリー化を実現していく旨、プレス発表を頂きました。(参考: PIJIN側のプレスリリース)

no image
製・配・販連携協議会による商品情報の多言語化

このページの目次1 求められる商品情報の多言語化2 製・配・販連携協議会とは2.1 目的3 多言語情報プロジェクトの仕組み3.1 今後の予定 求められる商品情報の多言語化 年々増加する訪日外国人数は、 ・・・ 続きを読む

no image
【提携】協同宣伝がQR Translatorのサービス開始を発表

JA系列の広告代理店、協同宣伝では、日本の食文化を世界に普及させる為の多言語対応策として、QR Translatorの利用を決定し、国内の生産者団体や流通・飲食業界への提案をスタートして頂く旨、プレス発表を頂きました。

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し