表示・非表示の切り替え

2023/04/18

作成したコンテンツは言語ページ毎に表示・非表示を設定する事ができます。(※初期設定は「表示」)
「管理・作成・編集」画面で非表示にしたい言語の言語識別画像をクリックし、「QRT編集」画面を表示します。

「言語コンテンツの表示設定」のチェックボックスをチェックを外して、ページ下の「保存」ボタンをクリックするとその言語ページの非表示設定が完了します。

続けて他の言語ページの表示・非表示の切り替えをする場合は、「編集中の言語設定」の下の言語のプルダウンリストで切り替えをしたい言語を選択し、同様の設定を行います。

非表示設定した言語は、QRコードをスキャンした時の言語選択画面には表示されず、選択できない状態になります。
アカウント管理者が「QRTコード編集」や「管理・作成・編集」でプレビュー画面を表示した時も同様です。
※例では、英語ページを非表示にしています。

 - マニュアル

  関連記事

IPアドレス認証

これまでログインの際の認証方法はパスワード認証のみでしたが、IPアドレス認証を加えた二段階認証がオプションとして利用可能になりました。 このページの目次1 IPアドレス認証の設定1.1 IPアドレス認 ・・・ 続きを読む

SNSについて

このページの目次1 SNSの切替方法2 SNSの種類2.1 タイプ1:X、Facebook、LinkedIn、WhatsApp2.2 タイプ2:X、Facebook、LinkedIn、LINE2.3 ・・・ 続きを読む

位置情報

それぞれのQRTコードに「位置情報」を登録することができます。登録した位置情報は「表示」「非表示」の選択も可能です。 位置情報の編集 アクション欄の「位置情報」を押すと、位置情報の編集が行えます。 位 ・・・ 続きを読む

支払記録

上部の「支払記録」ボタンをクリックすると、該当アカウントでの支払い状況を確認することができます。 月毎の支払件数と支払合計金額(税別・税込)、及び年間の支払合計金額(税抜・税込)が表示されます。また、 ・・・ 続きを読む

音声読み上げの設定と独自ファイルの入稿

コード内のテキストを機械が音声読み上げする機能です。 このページの目次1 音声読み上げの設定方法2 コード作成後の編集画面から設定変更する場合3 独自音声ファイルの入稿4 実際の表示5 音声読み上げ対 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し