QRコードの最小サイズは?

2017/06/13

いまや世界標準になっているQRコードですが、利用できる最小のサイズはどのぐらいでしょうか?
パッケージや印刷物に入れる際には、スペースの問題があり限りなく小さくしたいことがあると思います。QR Translatorの利用ユーザーからも、よく聞かれることなので調べてみました。

QRコードの最小サイズは、3.57mm程度!

Googleで「qrコード 最小サイズ」と調べてみると、あっという間に答えにたどり着きます。

検索結果の1つ目に出てくるサイトで「QRコードドットコム」ですが、コピーライトを見てみると「DENSO WAVE INCORPORATED. All Rights Reserved.」となっています。
QRコードの登録商標を持っている「株式会社デンソーウェーブ」さんのサイトとなります。

QRコードを開発された会社のサイトなので、ここより詳しいところはなさそうです。
FAQの中を見ていくと最小サイズに関して答えがありました。

QRコードの最小サイズ/最大サイズは?

QRコードのサイズは、セルサイズ、バージョンによって決まります。
セルサイズは、QRコードを形成するセル(QRコードを構成する最小単位の四角い領域)の大きさです。
どれだけ小さくセルを印字できるかは、お使いのプリンタによって異なりますが、一般的なレーザプリンタの場合で、1セルあたり0.17mm程度が最小セルサイズとなります。
また、バージョンは、1~40まで設定されており、それぞれのバージョンによって、セル数が決まります。一番小さいバージョン1では、21セル×21セルとなります。
以上のように考えると、QRコードの最小サイズは、0.17mm×21セルで、3.57mm程度ということになります。
一方、最大サイズについては、セルサイズを大きくすればするほど、大きく印字できますので、特に制限はありません。ただし、あまり大きくしてしまうと、スキャナで読み取りできなくなりますので注意してください。

引用:FAQ QRコードについて ーQRコードドットコム

最小のサイズは、QRコードを印刷するプリンターと、利用するQRコードのバージョンによって変わるそうです。
それではQR Translatorを利用するときの最小サイズはどのぐらいになるでしょうか?

QR Translatorで利用できる最小サイズは、理論上6.29mm

QR Translatorでは、URLの長さや使用文字によりますがバージョンはだいたい5~6になります。 (QRTでは最適なQRコードバージョンを自動算出しています)
一般的なレーザープリンタの場合で計算をすると、以下のサイズになります。

  • バージョン5 = 6.29mm
  • バージョン6 = 6.97mm

これはあくまで理論上の数字となります。
印刷するプリンターの状態や、QRコードが表示される媒体側(紙質やにじみなど)にもよって読み取れたり、読み取れなかったりと違いが生じます。

またQRコードを読み取るリーダーにもよって精度が違うため、小さいQRコードに関しては実際に作成をしてから、いろいろな状況でテストをして見る必要があります。

QRTコードで使用するQRコードは、最低推奨サイズを13mm角としています。
ただし、読取機体やQRコードリーダーによって、読取の正確性には差があります。

利用先のデザインにもよりますが、20mm角程度あれば、多くの機体・アプリにて正確に読取可能です。
また、印刷機体・印刷物によって解像度に差が生じますので、家庭用プリンターなどでの印刷の際はご注意ください。

QRコードリーダー(読取り手段)に関して

QR Translatorのサービスが始まってから、QRコードリーダーを使える状況が大幅に変わってきました。

利用者数が多いソーシャルメディア(Facebook、Twitter、LINEなど)に加えて、スマートフォンの基本機能や検索アプリの機能として追加されました。
以前のように、QRコードリーダーの専用アプリをダウンロードしてインストールしなくても、すでにインストールしているアプリの機能で読み取りができたり、スマフォの機能として読取りが出来ます。

ただし、付加機能としてQRコードリーダーが搭載されている場合は、メイン機能がQRコードリーダーではないため精度は必要最低限になっている場合があります。
したがって、あまり小さすぎるQRコードを利用してしまうと、せっかく読み取ろうとしたユーザーが読み取れない場合があるので、20mm四方程度のQRコードを利用をおすすめいたします。

 - 制作関連情報

  関連記事

QRTコードがSVGファイルに対応しました

QR Translatorの管理画面からダウンロード(発行)できる「QRTコード(QR TranslatorのロゴとQRコードが一体になったデータ)」がSVGファイルに対応しました。 このページの目次 ・・・ 続きを読む

【バーコードリンク機能 by Mulpi】外部データベースとの連携によるQRTコード作成機能が追加(2018年10月23日リリース)

2018年7月20日にリリースした「製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携」でご案内しておりました、専用アプリ「Mulpi*」との連携が可能になりました。 これにより、QR Transla ・・・ 続きを読む

多言語CMSとして利用できるQR Translator

QR Translatorは、翻訳ソフトに間違えられることが多いのですが、本質的には多言語CMSとして構築されています。 CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、テキストや画像を登録し、 ・・・ 続きを読む

多言語Webサイトを制作する時の「翻訳・制作・アクセス方法・費用」

2017年の訪日客数は過去最高の2869万人となり、2020年の東京オリンピックまでにはもっともっと訪日外国人が増えていくと思われます。 そんな中ですが、観光庁の調査によると外国人が日本に来た時に企業 ・・・ 続きを読む

商品パッケージや印刷物を多言語化して、訪日観光客や在日外国人に情報を届ける方法

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催まで、あと1年となりました。2013年9月に夏季オリンピック・パラリンピックが東京で開催されることが決まってから、観光庁をはじめ日本の観光立国の実現を目指 ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し