作成済みQRTコードの常時SSL化に関して

2018/06/05

2018年6月5日以降に新規作成されたQRTコードは、常時SSL化対応が行われます。それに伴い、2018年6月5日より前に作成されたQRTコードも常時SSL化対応への変更が可能になります。

常時SSL化する際の注意点

※常時SSL化設定をする前にご確認ください。
コンテンツの作成方法により、「Mixed Contents」が発生する場合があります。

「Mixed Contents」とは

常時SSL化されたコンテンツ(https://)内では、すべての要素がSSL化されている必要がありますが、非SSL(http://)の要素が残っていると、「Mixed Contents」(完全なSSL状態ではない)と表示されます。「Mixed Contents」を解決しないとSSL化された状態にはなりません。

「Mixed Contents」となる原因

「Mixed Contents」が表示される原因としては、主にリンクしている画像やファイルなどが「https://」ではない場合があります。

「Mixed Contents」に関しての、チェック方法修正方法はこのページの最後に記載しております。

2018年6月5日より前に作成されたQRTコードを常時SSL化する方法

常時SSL化はアカウントごとに設定することが可能です。

常時SSL化の設定

管理画面にログインしたらグローバルメニューの「アカウント設定」をクリックします。

次に、下部に表示される「https接続に切り替える」の部分にチェックを入れてください。

確認のポップアップが表示されるので、よければ「OK」をクリック。

緑色の「確認画面へ」をクリックすると、再度、確認画面が表示されるので「HTTPSアクセスに切り替える」(常時SSL化)で間違いなければ「送る」ボタンをクリックしてください。

きちんと選択ができていない場合には「HTTP接続を継続」と表示されるので、戻るボタンをクリックして、再選択をしてください。

以上で常時SSL化への変更設定は完了です。

印刷物等のURLに関して

発行済のQRTコードはSSL化前のURL「http://qrtranslator.com/・・・・・」となっておりますが、上記の通り、SSL化の変更設定を行えば、自動的に「https://qrtranslator.com/・・・・・」が表示されるようになります(リダイレクト設定)。

自動的に新しいURLになるので基本的なアクセスには問題ありませんが、印刷物の更新時には新しいURLでのご利用をおすすめします。

事前に「Mixed Contents」をチェックする方法

QRTコードは、「https://」を利用できるようになっておりますので、作成済みQRTコードのURLを「https://」(「s」を追加する)に変更する事で事前にチェックすることが可能です。

http://qrtranslator.com/0000002054/000003/
↓↓↓
https://qrtranslator.com/0000002054/000003/

Google Chrome等のPCブラウザでアクセスし、画像のように「保護された通信」と緑字で表示されれば「Mixed Contents」ではありません。

緑の文字表示ではない場合は、修正方法をご確認ください。

「Mixed Contents」の修正方法

上記の事前チェックをした場合に、以下のような表記の場合には非SSL(http://)の要素が残っており「Mixed Contents」の状態です。

(i)の部分をクリックすると、詳細を確認できます。

「Mixed Contents」は、htmlソース内に「http://」の要素が含まれているので、該当部分を「https://」に修正してください。

※ただし、要素自体がSSL化されていない等で、「s」を追記しても「Mixed Contents」は解決できない場合もございます。詳しくはQRTコードを制作をしたweb担当者にご確認ください。

参考:Google Chromeでの該当箇所検索方法

Chromeを利用すると簡単に「Mixed Contents」を見つけられます。

事前チェックの際にURLを書き換えてアクセスしたQRTのコードで、右クリック「検証」を選択してください。

デベロッパーツールが開き「Console」部分に「Mixed Contents」の表示がされます。

該当部分も表示されるので、参考にしてQRTコードを修正してください。

よくある質問

Q: 常時SSL化はしないとだめですか? 必須事項ですか?

A: 昨今、Googleを始めとしてすべてのwebページの常時SSL化が推奨されておりますので、ご対応いただくことを強くおすすめいたします。
また、Google Chromeのブラウザでは2018年7月にリリースされる「Chrome 68」から、すべてのHTTP(非SSL化)サイトで「保護されていない通信」の表示をするという公式アナウンス(英語)がありました。

Q: 「常時SSL化」に追加費用はかかりますか?

A: 追加費用は必要ありません。QR Translatorの仕様変更となります。

Q: どのように対応してよいかわかりません。

A: QRTコードを制作したweb担当者にご確認ください。PIJINでは有償にて対応致します。(要見積:お問い合わせフォームよりご連絡ください。)

 - QRTアップデート情報

  関連記事

no image
言語追加のお知らせ

下記の3言語が新たに加わり、合計39言語に対応するようになりました。 クメール語 ミャンマー語 アゼルバイジャン語 日本語、英語、中国語簡体字、韓国語、中国語繁体字、フランス語、ドイツ語、イタリア語、 ・・・ 続きを読む

【バーコードリンク機能 by Mulpi】外部データベースとの連携によるQRTコード作成機能が追加(2018年10月23日リリース)

2018年7月20日にリリースした「製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携」でご案内しておりました、専用アプリ「Mulpi*」との連携が可能になりました。 これにより、QR Transla ・・・ 続きを読む

音声読み上げにタイ語を追加

このページの目次1 音声読み上げ機能2 合計20言語での音声読み上げに対応3 タイからの訪日客 音声読み上げ機能 観光地や美術館などで音声ガイドとしてもご利用頂いている、QR Translaltorの ・・・ 続きを読む

ダッシュボード機能の追加(2018年10月23日リリース)

アクセスデータを視覚的に確認できる「ダッシュボード」機能を新たに追加しました。 既存のアクセスデータと同様に、確認できるデータは、アカウントのプランにより変わります。 ベーシックプランでは、過去14日 ・・・ 続きを読む

お知らせ一覧(マウスオーバー)
管理画面上部に「お知らせ」アイコンを設置しました

QR Translatorの管理画面上部に「お知らせ」アイコンを設置しました。 お知らせ一覧の表示方法 新着のお知らせがあるときに、ログアウトボタン左側に アイコンが表示されます。 お知らせアイコンの ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し