作成済みQRTコードの常時SSL化に関して

2018/06/05

2018年6月5日以降に新規作成されたQRTコードは、常時SSL化対応が行われます。それに伴い、2018年6月5日より前に作成されたQRTコードも常時SSL化対応への変更が可能になります。

常時SSL化する際の注意点

※常時SSL化設定をする前にご確認ください。
コンテンツの作成方法により、「Mixed Contents」が発生する場合があります。

「Mixed Contents」とは

常時SSL化されたコンテンツ(https://)内では、すべての要素がSSL化されている必要がありますが、非SSL(http://)の要素が残っていると、「Mixed Contents」(完全なSSL状態ではない)と表示されます。「Mixed Contents」を解決しないとSSL化された状態にはなりません。

「Mixed Contents」となる原因

「Mixed Contents」が表示される原因としては、主にリンクしている画像やファイルなどが「https://」ではない場合があります。

「Mixed Contents」に関しての、チェック方法修正方法はこのページの最後に記載しております。

2018年6月5日より前に作成されたQRTコードを常時SSL化する方法

常時SSL化はアカウントごとに設定することが可能です。

常時SSL化の設定

管理画面にログインしたらグローバルメニューの「アカウント設定」をクリックします。

次に、下部に表示される「https接続に切り替える」の部分にチェックを入れてください。

確認のポップアップが表示されるので、よければ「OK」をクリック。

緑色の「確認画面へ」をクリックすると、再度、確認画面が表示されるので「HTTPSアクセスに切り替える」(常時SSL化)で間違いなければ「送る」ボタンをクリックしてください。

きちんと選択ができていない場合には「HTTP接続を継続」と表示されるので、戻るボタンをクリックして、再選択をしてください。

以上で常時SSL化への変更設定は完了です。

印刷物等のURLに関して

発行済のQRTコードはSSL化前のURL「http://qrtranslator.com/・・・・・」となっておりますが、上記の通り、SSL化の変更設定を行えば、自動的に「https://qrtranslator.com/・・・・・」が表示されるようになります(リダイレクト設定)。

自動的に新しいURLになるので基本的なアクセスには問題ありませんが、印刷物の更新時には新しいURLでのご利用をおすすめします。

事前に「Mixed Contents」をチェックする方法

QRTコードは、「https://」を利用できるようになっておりますので、作成済みQRTコードのURLを「https://」(「s」を追加する)に変更する事で事前にチェックすることが可能です。

http://qrtranslator.com/0000002054/000003/
↓↓↓
https://qrtranslator.com/0000002054/000003/

Google Chrome等のPCブラウザでアクセスし、画像のように「保護された通信」と緑字で表示されれば「Mixed Contents」ではありません。

緑の文字表示ではない場合は、修正方法をご確認ください。

「Mixed Contents」の修正方法

上記の事前チェックをした場合に、以下のような表記の場合には非SSL(http://)の要素が残っており「Mixed Contents」の状態です。

(i)の部分をクリックすると、詳細を確認できます。

「Mixed Contents」は、htmlソース内に「http://」の要素が含まれているので、該当部分を「https://」に修正してください。

※ただし、要素自体がSSL化されていない等で、「s」を追記しても「Mixed Contents」は解決できない場合もございます。詳しくはQRTコードを制作をしたweb担当者にご確認ください。

参考:Google Chromeでの該当箇所検索方法

Chromeを利用すると簡単に「Mixed Contents」を見つけられます。

事前チェックの際にURLを書き換えてアクセスしたQRTのコードで、右クリック「検証」を選択してください。

デベロッパーツールが開き「Console」部分に「Mixed Contents」の表示がされます。

該当部分も表示されるので、参考にしてQRTコードを修正してください。

よくある質問

Q: 常時SSL化はしないとだめですか? 必須事項ですか?

A: 昨今、Googleを始めとしてすべてのwebページの常時SSL化が推奨されておりますので、ご対応いただくことを強くおすすめいたします。
また、Google Chromeのブラウザでは2018年7月にリリースされる「Chrome 68」から、すべてのHTTP(非SSL化)サイトで「保護されていない通信」の表示をするという公式アナウンス(英語)がありました。

Q: 「常時SSL化」に追加費用はかかりますか?

A: 追加費用は必要ありません。QR Translatorの仕様変更となります。

Q: どのように対応してよいかわかりません。

A: QRTコードを制作したweb担当者にご確認ください。PIJINでは有償にて対応致します。(要見積:お問い合わせフォームよりご連絡ください。)

 - QRTアップデート情報

  関連記事

QR Translatorの常時SSL化に関して

以前は、お問い合わせフォームや支払い時の入力フォーム・ログインページなど、個人情報等の入力が行われる特別なwebページのSSL化が推奨されていましたが、昨今、Googleを始めとしてすべてのwebペー ・・・ 続きを読む

QR Translatorで、クレジットカード決済が可能になりました。

QRTコードをアクティベートする際に(支払処理を行う際に)、クレジットカード決済が可能になりました。 今までは、Paypalのみ受け付けておりましたが、【PAY.JP】のサービスを利用することで、「V ・・・ 続きを読む

QRTコードがSVGファイルに対応しました

QR Translatorの管理画面からダウンロード(発行)できる「QRTコード(QR TranslatorのロゴとQRコードが一体になったデータ)」がSVGファイルに対応しました。 このページの目次 ・・・ 続きを読む

アクティベートボタンの変更
管理画面のアクティベートボタンが見やすくなりました!

管理画面のQRTコードのアクティベートボタンが分かりにくい、見つからないとのお問合わせが多数ございましたので、アクティベートボタンを分かりやすいように変更致しました。 「管理・作成・編集」ページの「ア ・・・ 続きを読む

【バーコードリンク機能 by Mulpi】外部データベースとの連携によるQRTコード作成機能が追加(2018年10月23日リリース)

2018年7月20日にリリースした「製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携」でご案内しておりました、専用アプリ「Mulpi*」との連携が可能になりました。 これにより、QR Transla ・・・ 続きを読む

あなたのコンテンツをQR Translatorで多言語化してみませんか?

まずは無料でお試し